投資タイミングに悩みたくない人は積み立てがおすすめ!2017年1月から個人型確定拠出型年金に多くの人が加入できます!

2017年1月からは、国民年金の人や企業年金のない人が加入できなかった、個人型確定拠出年金に加入ができるようになります。

第2号の配偶者の第3号被保険者も、加入できるようになっています。

掛け金は全て全額控除になり、受け取るときにも、公的年金控除が受けられるなどのメリットがあり、注目されています。

  • 投資をしてみたいけど、なかなか勉強する時間がない
  • 投資をするタイミングがわからない
  • 投資より仕事に集中したい
  • 銀行よりも高い利回りを得たい

というのであれば、この確定拠出型年金のような、積立型の投資をするのがおすすめです。

スポンサーリンク

老後資金と決まっているなら確定拠出型年金

特に、

  • 完全に老後のための運用をしたい
  • 老後まで絶対に手を付けないお金

というのであれば、間違いなく確定拠出型年金がいいでしょう。

所得控除などのメリットを受けられるのがメリットです。

しかし、途中でお金を引き出せないので、老後資金以外は不向きです。

それ以外は投資信託の積立

そうではなく、

  • とりあえず運用しておいて、余裕資金を増やしておきたい

というのであれば、証券会社や銀行などで販売されている、投資信託での積立がいいでしょう。

どんな投資信託を積立すればいいのかは、その人によって違いますが、大まかにこちらの記事考え方を、参考にしていただけたらいいかと思います。

マイナスになっている期間が少ない

なぜ、積立の投資がいいのか?

それは、一括投資のような大きなリターンはないけど、マイナスになっている期間も少ないからです。

右肩上がりの相場であれば、一括投資をすれば、リターンは大きくなります。

それに比べて、積立投資は、一括投資と比べてリターンは少なくなります。

相場は上下を繰り返す

しかし、相場は上下を繰り返すものです。

右肩上がりのときもあれば、右肩下がりの時もあります。

1989年のバブル絶頂期に、一括投資をしていれば、それから30年近くたった今、プラスになっていることはないでしょう。

しかし、一括投資するお金を、毎月に小分けして投資していれば、プラスの期間もたくさんでてきます。

値下がり相場も嬉しい期間になる

値下がりすれば、たくさんの口数の投資信託を購入することができるので、逆に下落相場も嬉しい期間となります。

損失は、精神的なダメージが大きく、生活や仕事へも影響がでてきます。

そのため、リターンは少なくなっても、できるだけ損失を少なくできる、積立投資がおすすめです。

もちろん、経済のことがよくわかり、予測できるような方であれば、一括投資がいいでしょう。

よくわからない人は積み立て

しかし、

  • 投資するタイミングに悩みたくない
  • 経済の勉強をしたくない
  • 仕事に集中したい

というのであれば、老後資金は確定拠出型年金、余裕資金は投資信託の積立がおすすめですよ。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加