退去の連絡にドキッとしない私がやっているアパートやマンションに入居が次々に決まる方法とは?

退去の連絡にドキッとしない私がやっているアパートやマンションに入居が次々に決まる方法とは?独自の物件のホームページを作りましょう。

私が所有している賃貸住宅は、現在31室です。

他の大家さんと比べると、少ない方です。

少ないからというのもありますが、現在、全てのお部屋が満室です。

知っている人は知っていますが、私が所有しているマンションは、空室ができても、すぐに入居が決まります。

空室になる期間はほとんどありません。

では、どうやって満室の状態を続け、空室ができても、すぐに入居が決まるようにしているのか?

スポンサーリンク

まずは不動産屋さんといい関係を作る

基本的には、入居者様を探してきてくれる不動産屋さんと友好な関係を築くことです。

人がお部屋を探す時には、まず、不動産屋さんに行ったり、ホームページを見たりするでしょう。

そこで、不動産屋さんが、私の物件を紹介しようと思わなければ、いつまでも入居者様を紹介してくれることはないでしょう。

いい関係を作っておくことで、お部屋に紹介してくれる人数は増え、入居が決まる確率は高くなるでしょう。

独自の物件のサイトを作る

そして、私がやっているのは、物件のサイトを作っていることです。

スマホにより、ほとんどの人がネットを使うようになっています。

お部屋を探すのに、不動産屋さんではなく、ネットで検索してお部屋を探す人も多くなっています。

ネットで検索して、不動産ポータルサイトなどで、ある程度お部屋を決めてから、不動産屋さんへ行くという方の割合も増えています。

しかし、ポータルサイトでは、他の物件もたくさん掲載されていて、それらのライバル物件から、自分の物件を選んでもらうのは、なかなか難しいでしょう。

もし、自分の物件を魅力的に紹介したサイトがあり、そこに人が集まるようになっていればどうでしょうか?

独自のホームページなら入居が決まりやすい

100人見て1人入居を決めてくれるようなサイトができたとします。

1日5人見てくれていれば、20日に1人は入居の申込みが入るようになります。

そのようなサイトが完成すれば、あとは、1日に見てくれる人数を増やしていく努力をしていくだけです。

  • ブログ
  • Facebook
  • Facebookページ
  • YouTube
  • ツイッター
  • グーグルプラス

などのSNSを使えば、たくさんのアクセスを集めることができます。

最初に、ホームページを作るのは、少し時間がかかり大変です。

しかし、一度しっかりとしたサイトを作れば、あとは人を集めるだけなので、簡単なことでしょう。

もし、きれいなホームページを作るのが難しいという人は、テンプレートを使えば、プロが作ったようなホームページが作れますよ。

満室経営を学ぶなら、まずはこの本がおすすめ


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加