マンションやアパート経営は本やセミナーでしっかり勉強することで大きな損失を防げる

負動産にしないように勉強しましょう。

首都圏では、アパート(木造・軽量鉄骨)の空室率が上昇して、過去最悪の状況となっています。

原因として挙げられるのが、平成27年からの相続税改正。

今まで、相続税は基礎控除が

  • 5000万円+(1000万円×法定相続人の数)

でした。

それが、40%縮減されて

  • 3000万円+(600万円×法定相続人)

となりました。

そのため、今まで相続税と無縁だった人が、少しいいところで土地などを所有していると、相続税の支払いの対象になってきます。

その相続税対策として、所有している土地にアパートを建てることで、土地の評価額を下げ、相続税の基礎控除内に抑えたり、相続税を少なくしたりすることができます。

スポンサーリンク

新しいアパートがたくさん建設された

相続税改正を機に、アパート建設業者が、土地を持っている人に営業をかけ、多くのアパートが建設されました。

決まっている需要に、供給が大幅に増えたために、当然空室率は上昇するでしょう。

お金を借りてアパートを建設すれば、当然、返済が必要になります。

その返済のお金は、入居者様のお家賃から支払うのですが、空室が多く、予定より入ってくるお家賃が少なければ、手元のお金から支払うようになります。

これでは、相続税対策は確かにできていますが、手元からお金がドンドン減っていく負動産になってしまいます。

こんな負動産を相続する相続人は、迷惑でしかありません。

少ない勉強代で大きな損失を防げる

そうなる前に、しっかり勉強しておくことが大切です。

  • そもそも、アパートの需要がある地域なのか?
  • アパート建築費用が適正なのか?
  • 入居者様のお家賃で支払いができるのか?

など、様々なことを勉強していないと、不動産は金額が大きいため、失敗するとダメージが大きくなります。

それに比べると、勉強代は安いものです。

本やセミナーで勉強しておくことをおすすめいたします。

広島でも、セミナーがあるようですので、興味がある方は参加してみてください。

アパートセミナー

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加