三菱UFJ銀行が独自の仮想通貨を開発

ネットによって金融のシステムも大きく変化しています。

三菱UFJ銀行が、独自の仮想通貨を開発していることがわかりました。

三菱東京UFJ銀行が、独自の仮想通貨の開発を進めていることが分かった。ITを活用した新しい金融サービス「フィンテック」の一つで、実用化されれば、金融取引などの管理にかかる費用を大幅に節約し、国際送金や振り込みの手数料を安くできるという。当面「行内通貨」と位置づけるが、円と交換できるようにして同行の利用客らに発行する構想もある。

朝日新聞DIGITALより引用

三菱UFJ銀行が独自の仮想通貨を開発仮想通貨といえばビットコインが有名です。

一時期は、悪いニュースで有名になりましたが、実際は直接送金ができるため、手数料がほとんどかからない便利なツールとなりつつあります。

また、世界中どこでも、ユーザーであれば、共通の通貨として使うことができます。

送金や決済の面だけでなく、最近は資金調達の面でも変化が出てきています。

スポンサーリンク

資金調達の方法も変わってきた

資金調達は、銀行からの借り入れや、社債、株式発行などがありますが、多くは銀行からの借り入れが多いと思います。

しかし、最近ではクラウドファンディングで資金調達をする所も出てきています。

これも、ネットがあることで容易になった資金調達の方法だと思います。

銀行が行っている業務も、インターネットによって、大きく変わってくる可能性もありますね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加