筋肉を大きく強くするバルクアップに重要な食事方法とは?

10月26日のアームレスリングの大会から、約1ヶ月半が経ちました。

アームレスリングの大会のブログはこちら

70キロ未満で出場したので、10キロのダイエットをして70キロまで体重を落としていました。

リバウンドしないダイエットのコツのブログはこちら

そこから、筋肉を大きく強くするバルクアップをしています。

そして、現在の体重は74.8キロで、約5キロ増加しました。体重

筋肉を増やして強くするには、このバルクアップ期間が必要になります。

多少の脂肪はつきますが、それ以上に筋肉を大きくすることができます。

このバルクアップを成功させるには、コツがあります。

それは、食事です。

スポンサーリンク

バルクアップに必要な食事の方法

消費カロリーより圧倒的に多い量のカロリーを摂取しなければいけません。

なにも運動しないのであれば、消費カロリーは少ないので、それより多いカロリーを摂取するのはかんたんです。

しかし、運動をしている人にとっては、筋肉が多いことで、基礎代謝も多く、トレーニングによりカロリーを多く消費します。

そのため、それより多くのカロリーを摂取するのは大変です。

一度にたくさんの食事量を取れる人は、それでいいのかもしれませんが、ほとんどの人は、そのようにはいきません。

では、どうすればいいのか?

解決方法は、食事回数を増やすことです。

1日5~6食に増やします。

1回の食事量は少ないかもしれませんが、1日トータルの量は多くなります。

また、空腹時というのは、筋肉が破壊されてしまいますので、それを防ぐこともできます。

でも、1日5~6食も食べるのは大変じゃない?

と思うかもしれません。

しかし、ガッツリ食べるわけではありませんし、人によっては、短時間に摂取できるMRPミールリプレースメントを食間にとる人もいます。

MRPミールリプレースメントとは?

これによって、多少の脂肪はつきますが、しっかりと筋肉を大きく強くすることができます。

もちろん、ハードなトレーニングをすることが前提ですが・・・。

あとは、食べるものによっては健康を害することもありますので、

  • 野菜・果物中心の食事
  • 炭水化物は食物繊維の多いもの
  • たんぱく質は脂肪の少ないもの
  • 油はオリーブオイルなどの良質のものをとる

など、健康も意識しないといけませんね。

なかなか筋肉が大きくならない

痩せて男らしい体にならない

という方は、食事に気をつけてみてくださいね。

こちらの情報も参考になりますよ。

筋肉を効率よくつける無料レポート

男のセクシーボディメイクプログラム 北島達也のバルクアップメソッド

本気で筋肉を発達させるバルクアップマニュアル~筋トレの本質が分かる~

筋トレ初心者が筋肉を大きくするトレーニングと食事のメール講座


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加