邪心に野心に下心、損得勘定あっても行動できればいい!目標を持ってドンドン成長しよう!

成長することで、ワクワクすることになります。

現状に満足してしまった時点で、成長が止まってしまいます。

脳の最高のプレゼントは、成長しているのを認識することです。

成長していると認識することで、快楽ホルモンのドーパミンが分泌されます。

このドーパミンが、脳へのご褒美になります。

スポンサーリンク

目標があることで成長できる

では成長するためには、何が必要なのでしょうか?

それは目標です。

目標を持ち、自ら思い描く未来にワクワクしながら、自分の可能性を広げて、動いていくことです。

理想の未来を心に描くことで、脳はその状態を現状と思い、ワクワクした気分にさせてくれます。

ワクワクした気分になると、それを達成したくなり、自然と行動に移すことができます。

ワクワクすることは、嫌でも行動したくなるでしょう。

ワクワクするものを作る

あるプロジェクトを達成したら、ボーナス100万円もらえるというのがあるとします。

そうすると、100万円をもらったというところを想像することで、気分は高まり、やる気も起きてきます。

100万円もらうために必要な行動を、自分からドンドンとっていくようになるでしょう。

入居を決めると200万円

私はアパートに空室ができると、その空室を埋めるために必要な行動を、ドンドンとっていくようにします。

その原動力となっているのが、

「一部屋入居を決めると200万円もらえる」

ということです。

どういうことかと言いますと、

  • 家賃は1ヶ月約4万円

です。

一度入居すると

  • 平均4年間

は、その部屋に住んでくれます。

そうすると

  • トータルでもらえる家賃は約200万円

になります。

つまり一部屋入居を決めると、200万円のお金がもらえるということになります。

積極的に行動するために必要

そういうことをいうと、

「入居者が人ではなくお金に見えているのか!」

と怒られてしまいます。

確かにいいイメージではないかもしれません。

しかし積極的な行動を起こさせるには、ワクワクするようなイメージが必要です。

結局きれいごとを言っても、何も行動できなくて、空室だらけになってしまっては、収入がなくなってしまいます。

収入が減るということは、お部屋をいい状態にするための費用も払えなくなります。

そうすると、いま入居している入居者様にも迷惑をかけるようになります。

行動する動機ではなく行動すること

重要なのは、

  • 行動する動機ではなく、行動すること

です。

小林正観さんの言葉で

邪心に野心に下心、損得勘定あってもよろし。

どんなに良いこと知ってはいても、やらねば何も、知らぬと同じ

小林正観日めくりカレンダーより引用

というのがあります。

下心を持ちながらの行動でもいい

心では色々思うかもしれませんが、結局は行動が真実になります。

口から出た言葉や行動が真実です。

それなら下心を持ちながらでも、行動を起こしていくほうがいいでしょう。

1部屋入居を決めると200万円もらえると思って、ドンドン行動できるなら、そう思って行動することです。

そのように考えると、多少嫌なことでも、行動できるのではないかと思います。

行動することで成長を感じられる

入居を決めるために、いいアイデアがないか勉強もします。

自分で色々と考えて、新しい方法も試してみます。

そのことで自分が成長していると、感じることができます。

ある意味、目の前に人参をぶら下げている状態とも言えます。

その方法がいいか悪いかは別として、自分が行動するために必要なことであれば、活用していくほうがいいでしょう。

目の前に人参をぶら下げる

このように目標を持つことによって、ワクワクしながら行動することができます。

行動することによって、成長を認識することもできます。

行動をするための手段として、目の前に人参をぶら下げることもあります。

もし目標を持っていなかったら、なかなかそのようにはいかないでしょう。

様々な分野で目標を持って、人生をワクワクしながら生きていきたいですね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加