自転車の保険って本当に必要?ケガや死亡させてしまったら個人賠償責任保険で対応できる

自転車の保険って本当に必要?ケガや死亡させてしまったら個人賠償責任保険で対応できる新学期が始まると、学校から、子どもの自転車の保険の加入の案内がきます。

  • もし、自転車で事故をしたら・・・
  • 相手にケガをさせてしまったら・・・
  • モノを壊してしまったら・・・

と、考えてしまいます。

しかし、私は、加入することはありません。

なぜなら、自転車の保険は、あまり必要がないからです。

でも、

  • 自転車で事故をして、相手にケガをさせてしまい、損害賠償を請求されたらどうするの?

実際、自転車で事故をして、相手にケガをさせてしまったり、死亡させてしまったら、莫大な金額を請求されてしまいます。

子どもが事故を起こしたとしても、それは、親に請求されることになります。

13年の神戸地裁では、歩行中の62歳の女性に、小学生の男児が自転車で衝突し、女性に頭蓋骨骨折による後遺障害を負わせた事例で、9521万円といった高額な損害賠償命令を下している。

プレジデントオンラインより引用

スポンサーリンク

それでも、自転車保険は必要ないのか?

まず、自転車で事故をして、子ども自身がケガをして入院した場合、子どもは医療保険に入っていますので、その医療保険でカバーすることができます。

しかも、医療保険は、自転車のケガだけでなく、他のケガ、病気の入院にも対応できます。

また、子どもの医療費や入院費は、自治体によりますが、無料になっているところが多いので、そんなに心配することはないでしょう。

問題は、相手にケガをさせたり、死亡させてしまった時です。

個人賠償責任保険がおすすめ

これについては、私は、個人賠償責任保険という保険に入っています。

年間2000円ほど、月々170円ほどです。

これで、1億円の損害賠償に対応できます。

私が加入していれば、家族全員カバーできます。

単独でも契約できますが、自動車保険や火災保険の特約として契約することができます。

また、クレジットカードでも取り扱っているところが多いです。

これで、自転車の事故での損害賠償に対応できます。

しかも、自転車だけでなく

  • 犬や猫が他人にケガをさせた
  • 子どもがものを壊した
  • ケガをさせた

など、日常であり得るような出来事での、損害賠償を請求される場面でも、対応できるようになっています。

自転車保険に加入するお金で、個人賠償責任保険に加入する方がお得な感じがしませんか?

検討してみてくださいね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加