初めてブロック割に挑戦する人のための割り方や練習方法

8月6日の城辺夏まつりで、初めて試割りでコンクリートブロック割りをしました。

そこで、これから初めてコンクリートブロック割をする人、やってみようと思う人のために、私がやってきたことを書いてみます。

スポンサーリンク

コンクリートブロックの選び方

まずは、コンクリートブロックです。

少し前までは、

  • 試し割り用の割れやすいブロック

というものがありました。

しかし最近は売られていないようです。

私の場合は、

  • 本物の建築用のブロック

を使用しました。

軽量ブロック

建築用のブロックなのですが、その中で

  • 軽量ブロック

というものがあります。

普通の重量ブロックと比べて、強度が弱いものです。

しかし、弱いといっても、建築用に作られているブロックですので、かなりの強度があります。

また、日本工業規格JISの印字が入っているので、それなりの基準をクリアしている強度を持っています。

ですから、軽量ブロックだからといって、かんたんに割れるものではないということを認識しておく必要はあります。

JISの印字

そして、このJISの印字が入っているブロックを使うことで、見ている人から信頼を得られます。

試し割りをすると

「それは試し割り用のものでしょ?」

と、わざわざいってくる人がいます。

そんな人をだまらせるためにも、このJISの印字は、大いに役立ちます。

通常のブロックより長いブロック

もし、軽量ブロックを割る自信がなければ、通常のブロックより10センチほど長いブロックも販売されています。

こちらを使用することで、通常の大きさの軽量ブロックよりは、割りやすくなるでしょう。

私は、こちらのブロックを立てて、通常の長さのブロックを割りました。

身体のどこを使って割るのか?

実際にブロックを割るときには、体のどの部位を使って割るかを決める必要があります。

  • 正拳
  • 手刀
  • 頭突き
  • 足刀

などがあります。

正拳は、ケガのリスクがかなり高いような気がします。

足刀や肘などは、それと比べるとリスクは低いと思います。

私は、肘で割りました。

肘でも、私のような割り方もありますし、上から打ち下ろすやり方もあるでしょう。

ブロックの高さを調整する

割る時に使う部位が決まったら、それで打突する時に、最も力が入りやすい高さにブロックを調整していきます。

ブロックを平積みにしたり、立てたり、厚さの違うブロックを使ったりして、高さを調整するといいでしょう。

私の場合は、ブロックの上に発泡スチロールを置いて、実際にブロックを叩いて、力の入りやすさを確認して、高さを調整しました。

また、フォームや打突のコツを掴むためにも、この発泡スチロールを置いて何度も練習するのがいいでしょう。

発泡スチロールがあることで、怪我をする心配も少なく、本番に近い練習をすることができます。

ブロックのどの部分を打つのか?

ブロックに打突を決める場所は、真ん中ではありません。

1枚のブロックであれば、真ん中を叩けばいいでしょう。

しかし、穴が開いているコンクリートブロックは、下側を割らないと、ブロックは割れません。

そのため、下側の部分に打突の力を伝えていくためには、真ん中の穴の部分ではなく、穴と穴の間、上の段と下の段をつないでいる部分を打つようにします。

実際、私がブロック割をしたブロックを見ても、その穴と穴の間の部分が割れていることがわかるでしょう。

この部分を正確に打突できるように、何度も稽古しておくことです。

本番はとにかく思い切り打ち抜く

本番は、発泡スチロールを置くわけにはいきません。

しかし、ブロックで皮膚が傷つく可能性がありますので、タオルを敷いておくといいでしょう。

そして、とにかく自分の力を信じて、思い切り打ち抜くことが大切です。

少しでも不安に思って、力が弱まってしまうと、割れずに痛い思いをすることになります。

自信がないのであれば、やらないことです。

試し割りで、骨折などのケガをする人もたくさんいます。

できると自信ができるほど、稽古や部位鍛錬をしてから挑戦することですね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加