フェイスブックではなくブログやサイトで記事を投稿している理由

facebookブログやサイトを持たずに、フェイスブックだけで記事を投稿していませんか?

もし、そうであれば、かなり損をしていると思います。

私も、フェイスブックが普及し始めてから、ブログの更新をやめてしまい、フェイスブックだけで投稿を続けていました。

フェイスブックであれば、友達が増えれば、いいね!などの反応も多く、シェアなどで拡散されて、多くの人に自分の考えやコンテンツを見てもらうことができます。

また、写真や動画の投稿もかんたんで、ブログの代わりとしても十分でした。

しかし、今は、ワードプレスのブログを中心に投稿し、フェイスブックは、それをお知らせするのに使っています。

スポンサーリンク

サイトやブログとフェイスブックの大きな違い

フェイスブックは、グーグルなどの検索エンジンにインデックスされないようになっています。

つまり、役立ついいコンテンツを投稿したとしても、検索エンジンで検索しても、それは、表示されないようになっています。

お店や団体などのフェイスブックページはインデックスされますので、投稿すれば、それは、検索エンジンで表示されます。

この、検索エンジンで表示されるか、されないかというのは、時間が経てば経つほど大きな違いになります。

個人のフェイスブックは、他人のウォールに表示されて見られる以外は、見られる可能性は低いものになります。

しかし、フェイスブックページやブログやサイトなどのインデックスされるものは、長期間にわたって、検索によってコンテンツを見てもらえる可能性があります。

特にいいコンテンツを投稿しているのであれば、フェイスブックだけの場合、それはたくさんの人に見てもらえるはずだったのに、見てもらえないという状態になり、大きな損失といえるでしょう。

長い目でみればブログやサイトが資産になっていく

ブログやサイトであれば、コンテンツを増やしていくたびに、それは、長期間アクセスを集められる資産を作り上げていることになります。

ツイッターが流行れば、ツイッターをして、フェイスブックが流行れば、フェイスブックをして、ユーチューブが流行れば、ユーチューブをする。

短期的にはそれでもいいでしょうが、長期的に見れば、サイトやブログをベースに、ツイッターやフェイスブックやユーチューブでアクセスを呼び込んでいく、というのがいいのではないでしょうか?

ユーチューブも最近流行っていますが、ユーチューブ自体をSNSで紹介し、さらに、自分のブログやサイトで紹介し、そのブログやサイトをSNSで紹介すると、さらにユーチューブへのアクセスも増えていくでしょう。

特に、お店などを経営していて、ネットからの集客を考えているのであれば、このようにサイトやブログをベースに展開していくことをおすすめします。

そこで、見た人に役に立つ、しっかりとしたコンテンツを配信していれば、きっと大きな資産になりますよ。

お客様の集め方を学びたいならこちらがおすすめ

ザ・レスポンスゴールド会員


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加