意識して行動や思考を変化させ脳を理想の成功脳に変化させよう!読書が心の言葉を作ってくれる

脳が考えや行動を作っています。

考えや行動を作っているということは、人生を作っていると言ってもいいでしょう。

脳が働くことによって、心というものができます。

この心を表現したものが言葉です。

心のなかでつぶやく言葉が思考ということです。

そして心の言葉を、表の世界に表現したものが行動になります。

全ては、脳が作り出していることです。

スポンサーリンク

どんな脳になているかで思考や行動が決まる

脳が、考えや行動をコントロールしています。

消極的な脳が出来上がっていれば、何か新しい環境が用意されていても

  • 新しい環境は危険なことが起こるかもしれない
  • 今いる環境の居心地がいい
  • それなら行動しない方がいい

という、消極的な思考と行動になってきます。

どんな脳になっているかで、思考や行動が決まってくるということです。

考え方や行動を変えることで脳が変わっていく

そして、逆のことも起きます。

それは、考え方や行動を変えることによって、脳も変化していくということです。

脳を手術して作り変え、考え方や行動を変化させることはできません。

しかし、意識的に考え方や行動を変化させることによって、脳を変化させることができます。

脳が変化することによって、考え方や行動を変化させる事ができます。

ずっと同じ脳ではない

何事も消極的でネガティブな脳を持っている人は、考え方も行動もネガティブなものになります。

その人はネガティブな脳を持っているのだから、ずっと考え方や行動がネガティブになるのではありません。

行動や考え方をポジティブにすることで、脳をポジティブなものに変えることができます。

意識的に行動や考え方を変化させる

暗い気持ちになっていても、無理にでも笑顔を作ることはできます。

泣き言を言いたくなっても、それを我慢して、無理やり「嬉しいなあ」ということもできます。

心が沈んでいる時に、無理にでもスキップすることもできます。

「自分は駄目な人間だなあ」と感じても、その後に「だからこそ」という言葉をつけることもできます。

そうやって思考や行動を変えていくのです。

行動を変えることによって、脳が変わり、変えた行動が習慣となり、そのような人になっていきます。

心の言葉を変えるには本がおすすめ

心の言葉を変えるには、本がおすすめです。

本を読むことで、その言葉が心の言葉となります。

いい本を読むことで、心の言葉が変わっていきます。

もちろん逆も言えることで、自分の理想としていない本を読むと、そちらの心の言葉が身についていくことになります。

脳を変える力を持っている

人には脳を変えていく力を持っています。

人生は脳に支配されているといってもいいかもしれませんが、その脳を行動によって支配できることも事実です。

その力を持っているのですから、それを使って思い通りの人生を送っていきたいですね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加