脳の潜在能力を引き出す方法

脳の潜在能力を引き出す方法ホームセンターでよく見かける商品を作っている、アイリスオーヤマという会社があります。

業績が右肩上がりの伸びている会社です。

そのアイリスオーヤマでは、パソコンに関する、ある決まりがあります。

それが

  • 自分のデスクでのパソコン作業禁止
  • パソコンを使うときには共有パソコン
  • 使用時間は1回45分
  • 1回使ったら15分休憩

ということです。

スポンサーリンク

脳をフル回転させる効果のある方法

これは、脳をフル回転させるために、簡単で効果のある方法です。

たくさんの仕事は、時間がたくさんあればできる、と感じます。

しかし、たくさんの時間を与えれば、その時間分だけ仕事に時間がかかるようになります。

時間がたくさんあると感じているために、

  • もっとここを細かいところまでしよう
  • 完璧な仕事にしよう

となり、質はたいして上がらないのに、時間は多くかかってしまうことになります。

8の仕上がりなら2の時間で終わります。

しかし、完璧に仕上げたいがために、残りの2を仕上げようとすると、今度は8の時間がかかるようになります。

これが、完璧主義の悪いところの1つだと思います。

頭をフル回転させないと終わらないような時間の締め切りがあると、脳は、無意識のうちに、その時間内に終わらせるためにどうすればいいかを考えます。

時間の締め切りの効果

作業のスピードを上げることは、当然必要です。

しかし、作業スピードには限界があります。

そのことより、

最低限必要な仕上がりで終わらせるには、どの仕事をする必要があるか?

  • どの仕事を捨てることができるのか?
  • どのくらいの質で仕上げればいいのか?
  • この選択が、仕事のスピードを決める大部分となります。

時間制限を設けることで、これらのことを脳が自然と行ってくれるようになります。

集中力も当然高まるようになります。

そして、時間内に仕事ができた場合には、脳に快楽ホルモンのドーパミンが分泌されて、さらに次の仕事へのモチベーションへとなります。

仕事をするときには時間を計る

自分の潜在能力を引き出す、簡単で効果的な方法ですね。

自分の脳をフル回転させる効果的な方法はこちら

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

大富豪の仕事術とは?

生産的な活動をするための時間術とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加