逆三角形の体型を作るのに多くの器具は必要ない!上半身のトレーニングは懸垂チンニングスタンドがおすすめ

上半身の筋肉はチンニングとディップスのトレーニングがおすすめです。

鍛え抜かれた逆三角形の体型は、相手にいい印象を与えます。

ビジネスでも、鍛えた体は、

  • 規律が守られている人
  • 精神的に強い人
  • 健康的な人
  • 継続力のある人

という印象を与え、相手から信頼を得られやすく、仕事の面でも有利にすすめることができます。

筋肉を鍛えるためには、ジムに行ってトレーニングしたり、ダンベルやバーベルを買って、自宅でトレーニングする必要があります。

しかし、それにはお金がかかり、なかなか始められなかったり、続けられなかったりするでしょう。

お金に余裕が無いと、逆三角形の体型を手に入れるのは諦めないといけないのか?

そこでおすすめなのが、安く購入できるチンニングスタンドです。

チンニングスタンドは、安いものですと1万円かかりません。

スポンサーリンク

チンニングとディップス

チンニングスタンドを購入すると、

  • チンニング(懸垂)
  • ディップス

のトレーニングをすることができます。

チンニング(懸垂)

チンニング(懸垂)

ディップス

ディップス

2歳の長男もトレーニングできます

2歳の長男もトレーニングできます

この2つのトレーニングは、筋肉の専門家のボディビルダーも、よく行っているトレーニングです。

チンニングは背中と上腕二頭筋と前腕

チンニングは、

  • 逆三角形の形を作る背中の広背筋

を主に鍛えてくれます。

非常に強い刺激で、これだけでも筋肉を大きくするための十分なトレーニングを行うことができます。

広背筋の以外にも、

  • 力こぶとなる上腕二頭筋
  • 半袖シャツを着た時に見える前腕

にも、強い刺激が入り、筋肉を肥大させてくれるでしょう。

ポイントは

  • 筋肉に負荷がかかっていることを感じながら行う
  • トレーニング中は筋肉から負荷が逃げないようにする
  • 限界まで行う

ということです。

手を伸ばし切ったり、体の反動などで勢いをつけたりすると、筋肉から負荷が逃げて、筋肉を鍛えることができません。

そして、限界まで行うことです。

10回できるのに、8回や9回でやめてしまうと、その効果は半分以下になってしまうでしょう。

10回できる人なら、11回、12回を目指します。

限界を超えるまで追い込む

おすすめの方法は、バーの下にイスを置いておいて、もう上がらないという状態になったら、イスを蹴って上まで上がり、筋肉に負荷をかけたまま、ゆっくり下がります。

それを繰り返して、もうゆっくり下がれなくなったら、10秒ほど休んで、さらに椅子を蹴って降りることを繰り返します(レストポーズ法)。

もうできなくなったら終わりです。

これが1セットで、1分ほどのインターバルで3セットもすれば、十分なトレーニングになります。

トレーニングは、

  • どれだけ限界を超えられるか

で、成果が大きく変わってきます。

限界を超えるために、椅子を使ったり、レストポーズ法を使ったりしてみましょう。

苦しいのですが、ダラダラとするより、短時間のトレーニングで、短期間に筋肉は大きくなります。

チンニングのおすすめ動画

ディップスは胸と肩と上腕三頭筋

ディップスは

  • 胸の厚みを作ってくれる大胸筋
  • 肩幅を広げてくれる肩の筋肉の三角筋
  • 腕を太くさせる上腕二頭筋の反対側の上腕三頭筋

を、鍛えてくれます。

このディップスのポイントもチンニングと同じです。

しっかりと筋肉に負荷をかけ、逃げないようにします。

限界がきたら、こちらも椅子を使って、降ろす動作のみにして、筋肉を追い込んでいきましょう。

正直、ダンベルやバーベルがなくても、上半身は、この懸垂スタンドだけでもしっかりと鍛えることができます。

あとは、

  • どれだけ限界を超えられるか
  • 続けることができるか

ということですね。

おすすめですよ。

ディップスおすすめ動画

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

筋トレ初心者が筋肉を大きくするトレーニングと食事の無料メール講座

理想の体型を作るトレーニング方法とは?

業界最安値のおすすめのプロテインはこちら


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加