ものを持ち上げる時に腰を痛めない姿勢とは?

重い荷物を運ぶ時に重要なのは腰を丸めないことです。

部屋の片付けや、引っ越しなどをする時に、どうしても重い荷物を運ばないといけない場面があります。

この時に、気をつけないといけないのが、腰を痛めないことです。

ぎっくり腰で多いのが、やはり何かものを持ち上げた時です。

モノを持ち上げる時というのは、やはり、腰に大きな負担がかかります。

油断して持ち上げると、腰に激痛が走り、動けないほどの痛みになります。

では、ものを持ち上げる時には、何に気をつければいいのでしょうか?

スポンサーリンク

ものを持ち上げる時に重要なこと

最も大切なのは、姿勢です。

筋力が強ければ、腰を痛めないと思っている人もいるかもしれませんが、ボディビルダーの筋肉隆々の人も、悪い姿勢でモノを持ち上げれば、間違いなく腰を痛めます。

逆に、そんなに力がない人が同じものを持っても、正しい姿勢で持ち上げれば、腰を傷める可能性は低いでしょう。

ものを持ち上げる時の悪い姿勢とは?

ウエイトトレーニングで、下から重いバーベルを持ち上げる、デッドリフトという種目があります。

上半身や背中を鍛えるには最高の種目ですが、フォームが悪いと、間違いなく腰を傷める種目です。

このデッドリフトの悪いフォームとは

  • 背中と腰が丸まっている
  • バーが体から離れてしまう

ということです。

荷物を持つときにも、この2つをやってしまうと、腰を傷める可能性はかなり高くなります。

荷物を持つときなら、この写真のような持ち方が悪い姿勢です。

悪いにも荷物の持ち方

  • 重いものを持つ時には、腰を下ろして持てばいい

とだけ思っている人もいらっしゃいますが、腰を下ろしても、腰が曲がっていれば、腰を痛めてしまいます。

また、体を寝かせてしまうと、腰に過度な負担がかかるので要注意です。

悪い荷物の持ち方

荷物を持つ時の腰を痛めない姿勢とは?

物を持つ時には、

  • 肩甲骨を寄せて胸を張る
  • 腰を湾曲、真っ直ぐな状態を保つ
  • 腰を下ろして体の近い部分で荷物を持つ
  • できるだけ体を立てた状態で持ち上げる

ということです。

トレーニングベルトをしたり、目線を前に向けたりすることも、腰の湾曲を維持しやすくするポイントです。

腰を痛めない荷物の持ち方

ものを持ち上げる時には、意識してみて下さいね。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

おすすめの自然と姿勢が良くなる椅子はこちら


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加