借金しないなんてもったいない?!危険な借金と楽になる借金

借金しないなんてもったいない?!危険な借金と楽になる借金

  • 「借金イコール危険」
  • 「借金は良くないもの」

と思っている人がいます。

そのため、借金を恐れ、危険だと思っています。

スポンサーリンク

借金しないともったいないと思う人

確かに借金によって、家や土地を売らなくてはならなくなる人もいます。

破産をしてしまう人もいます。

だから、そう思うのも当然のことです。

しかし、

「借金しないともったいない」

と思っている人もいます。

借金は時間を買う

借金の最大のメリットは

  • 時間を買える

ことです。

1000万円のものを買うのに、1年に100万円貯めていたら、10年かかることになります。

借金すれば、一瞬で買うことができます。

なんのための借金なのか?

問題は、

「借金をして何を買うか?」

ということです。

生活費の穴埋めや、自宅や車や贅沢品などの、お金を生み出さないものを買うための借金は、危険な借金になります。

これらに借金をすると、収入が増えないのに、借り入れの返済という支出が、増えることになります。

収入が多くない人は、借入返済が難しくなるのは、誰もがわかるでしょう。

また収入が多い人でも、それを繰り返したり、借入額が多かったりすると、同じようになります。

借りれば借りるほど楽になる借金

お金を生み出すものを購入するための借金は、いい借金になります。

特に、毎月の借り入れ返済額よりも、多いお金を生み出すものを購入する場合は、借りれば借りるほど、手元に残るお金が多くなります。

賃貸不動産などは、わかり易い例でしょう。

毎月の借り入れ返済額より、家賃収入のほうが多くなります。

返済が難しくなるどころか、楽になっていくのです。

お金をためていたらチャンスを逃す

楽になるとわかっていたら、長い時間をかけてそれを購入するお金を貯めるより、今すぐ購入できるように、借金するほうがいいでしょう。

お金をためている間に、チャンスは逃げていくことも多くあります。

もし、借金できるのにお金を貯めようとして、チャンスを逃してしまえば、それは大きな機会損失です。

金利より高い利回りで運用できる人

10%でお金を運用できる人がいるとします。

その人が、2%や3%の金利を節約するために、10%で運用しているお金を取り崩して、現金で購入するのは、効率がいいとはいえないでしょう。

借金をして、手元のお金を10%で運用している方が、資金効率がいいといえます。

借金が問題なのではない

借金が危険なのではなく、

  • 危険な借り方をする人
  • 楽になる借り方をする人

という違いがあるだけですね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加