低脂肪で高淡白な健康食の鹿のお肉をいただきました

田舎のいいところは、たくさんあります。

今度は、鹿のお肉をいただきました。

シカ類の肉は、一般的に高タンパクで低脂肪という栄養学的特徴がある。さらに鉄分の含有量も非常に高い。こうした特徴から、生活習慣病といった病気の予防につながる食品として注目されることもしばしばである。鹿肉は、ヘモグロビンやミオグロビンといったヘム鉄を含むタンパク質を含有するため、ほかの畜肉と比較して肉の色が濃い赤となる。こうした赤色は血液を連想させてしまい消費者に敬遠されることもある。また、世間では鹿肉は「硬く匂いがきつい」という評価も多いが、これは血抜きが悪いなど処理方法に問題があることが原因であり、実際は柔らかく匂いが穏やかという特性をもつ。

Wikipedia鹿肉より引用

鹿のお肉は、ヘモグロビンが多く赤いお肉で、鉄分が多く含まれています。

そのため、貧血の予防にもいいといわれています。

牛肉や豚肉などは、タンパク質の摂取に必要ですが、それと同時に、たくさんの脂肪も摂取することになります。

スポンサーリンク

脂肪の少ないお肉

しかし、鹿肉は、脂肪がほとんどありませんので、余分な脂肪を取ることなく、大切なタンパク質を摂取することができます。

強い臭いなどもなく、味も美味しいお肉です。

塩コショウで炒めて食べました。

低脂肪で高淡白な健康食の鹿のお肉をいただきました

こんないいお肉が無料でもらえるのですから、やはり田舎はいいですね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加