本やセミナーで勉強するだけになっていませんか?理解を深め望む結果を得る

インプットとアウトプット普段読んでいる本の内容を理解するのに、優れた方法があります。

勉強熱心な人は、普段から多くの本を読んでいると思います。

何かの問題を解決するためや、得たい知識を得るために、たくさんの本を読んでいます。

しかし、たくさんの本を読んでいるのに、自分が望んでいるような現実を手に入れる事ができない人がいます。

実は、私も、ただ本を読んだり、セミナーを受講するだけになり、それが目的になっていました。

ただ、たくさんの本を読み、読み終わったら次の本を読む。

しかし、いくら学んでも勉強しても、問題は解決されず、現実は変わりませんでした。

それはなぜでしょう?

スポンサーリンク

本やセミナーで学んだことを活かすには?

そう、それは実行できていないからです。

多くの人はインプットはしっかりしています。

しかし、それを行動にうつしたり、人に伝えたり、文章にしたりするアウトプットすることが、非常に少ないのです。

学んだことをしっかり理解するためには、それを人に教えるのが1番です。

人に教えるということを前提にインプットをすると、それをわかりやすく伝えないといけないために、その理解力は、かなり高まります。

また、現実を変えるには、行動しないことには、それは変わる事はありません。

行動することが、現実を変える唯一の方法です。

せっかく本やセミナーなどで、良いことを学んでも、行動に移さないのはもったいないことです。

また、インプットしたことをアウトプットすることにより、教わる側から、教える側に回ることができます。

そのことによって、自分の地位を高めたり、他人への影響力を高めたりすることができます。

ではアウトプットしていくには、どうすれば良いのでしょうか?

アウトプットには、

  • 話す
  • 書く
  • 行動する

の3つが基本となります。

インプットしたことを、自分の言葉に置き換え、話の要点を、わかりやすく3~5個にまとめます。

あとは、それを人に話したり、ブログやFacebook等で書いたり、実際にやってみて行動し、その感想を、またブログやFacebook等で書いてみたりします。

今は、

  • ユーチューブ
  • ブログ
  • フェイスブック
  • ウェビナー

など、アウトプットする手段がたくさんあり、アウトプットしやすい環境にあるといえます。

あとは、それを、するかしないか、の選択であり、アウトプットする環境がないというのは、言い訳にしか過ぎません。

アウトプットすることによって、理解力はかなり深まり、インプットしたことを身に付けることができますし、行動によって現実を変えていくことができます。

人より理解力を高め、教わる側から、教える側にまわり、他人への影響力を高めるためにも、アウトプットに力を入れていきたいですね。

アウトプットするには、それの何倍ものインプットが必要です。

インプットのスピードを高める速読ならこちらがおすすめです。

プチ速読ホームスタディ講座

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

大富豪の仕事術とは?

生産的な活動をするための時間術とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加