新築より築古物件の方が地震に強い?築古物件は地震のリスクをカバーしやすい

新築より築古物件の方が地震に強い?築古物件は地震のリスクをカバーしやすい高知県宿毛市で、賃貸用の一戸建てを購入しました。

購入と同時に、火災保険と地震保険に加入しています。

日本では地震が多く発生するため、地震のリスクに対応する必要があります。

地震保険は、単体で加入することはできません。

必ず火災保険と一緒に加入する必要があり、保険金額が火災保険の半分の保険金額までとなっています。

火災保険の保険金額は

  • 築年数
  • 延床面積
  • 構造

などから、保険会社が算出します。

スポンサーリンク

新しい家の地震保険で全額カバーは難しい

新築の家や、新しい家を2000万円で購入した場合、保険会社の評価額は2000万円前後になります。

そのため地震保険は、1000万円までとなります。

もし地震で家が全壊しても、1000万円しかもらえないため、2000万円のローンは完済できないこともあるでしょう。

古い物件なら購入金額より高い保険金

それが築古物件なら、売買価格は安いのですが、保険会社の評価額は高くなります。

例えば、

  • 500万円で買った戸建ての評価が1500万円

となります。

すると地震保険は、上限750万円まで加入することができます。

もし全壊しても、ローンを完済できて、建物の立て直しの頭金まで用意できることになります。

デメリットの多い築古物件ですが、

  • 地震保険については有利になる

という考え方もできますね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加