理想の自分に向かって努力する人は、能力の違いではなくセルフイメージや自己評価が違う

自信が先で、結果が後です。

スポンサーリンク

結果や環境ができてから

いい結果が出てから、自信が出てくるように思います。

そのように考えるのが普通です。

そのために結果を待つ形となって、勇気ある行動に移せなくなっています。

  • もっと知識を得てから
  • 実績を作ってから
  • お金ができてから
  • 人脈ができてから
  • いいタイミングになってから

そのような結果や、環境ができあがるのを待っています。

本当の理由は「自信がないから」

しかし結果を待っているようで、

「自信がないから」

というのが、行動できない本当の理由です。

まだ何も結果を出していないのに、行動をしている人は、自分で自分の能力を高く評価している人です。

セルフイメージや自己評価が高い人は、自信があり、積極的に行動ができます。

100億円企業を作る実力があるパート従業員

パート従業員でも、

  • 自分は実績のないただのパート従業員
  • 自分は起業して100億円企業を作る実力があるパート従業員

と、自分のことを思っている2人がいます。

間違いなく、後者のほうが積極的な行動をし、失敗や成功を重ねながら、パートの仕事から起業に必要なスキルを、吸収していくことでしょう。

自分の理想に向かって、努力を惜しまないでしょう。

能力の差はない

この二人は、能力が違うのではなく、セルフイメージや自己評価の違いからくる自信が違うのです。

結果や環境ができてからと待っているのではなく、自信を持って行動して結果を作っていきたいですね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加