特別なことがないからつまらない?日常を楽しいものにして人生の密度を上げるには?

特別なことがないからつまらない?日常を楽しいものにして人生の密度を上げるには?

出力する機会を持つことで、脳の中にしっかりと記憶として残ります。

  • 日常を意識的に過ごしている人

と、

  • 無意識的に過ごしている人

とでは、人生の密度が違ってきます。

スポンサーリンク

日常を楽しむには?

無意識的に日常を過ごしている人は、ただ毎日日常が過ぎ去っていくだけで、その日の記憶が残ることはないでしょう。

意識的に過ごしていると、小さなことや、普通では気が付かないようなことに気が付き、日常を楽しむことができて、しっかりと記憶に残ります。

同じことを体験しても、それをしっかり味わうには、意識的にそれを見たり聞いたり記憶したりすることが大切です。

意識的に日常の情報をキャッチするには?

では、無意識に受け取っていた日常の情報を、意識的に脳に入力するにはどうすればいいのでしょうか?

それは、出力する機会を先に作っておくことです。

  • 人に話す
  • レポートにまとめる
  • 日記を書く
  • ブログに書く
  • フェイスブックやツイッターなどのSNSに投稿する

などです。

五感をしっかりと使う

出力することを前提として日常を過ごすと、話のネタになるようなことを探すことになります。

常に、目や耳などの五感をレーダーとして使って、情報を意識的にキャッチすることになります。

同じものを見ても、見たという意識がなかったのが、細かく観察してみることになります。

感性が高まっている分、感動することができます。

周りでは様々な出来事が起きている

脳がキャッチできなかったものは、存在していないのと同じです。

それを意識的にキャッチできるようになると、自分の周りには、様々なものや出来事が存在していることに気が付きます。

それが増えた分、人生の密度が高まったといえるのではないでしょうか?

今はSNSやブログなど、出力するツールがたくさんあります。

それらをうまく活用することで、人生を楽しむことができますね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加