週1回の運動でも良い健康効果が得られます!週に3回ほど20分ほどの運動時間を確保しよう!

週一回でもいいので、運動をすることです。

健康のために何か運動しようと思っても、仕事があったり、忙しかったりして、なかなか運動する事ができない人もいるでしょう。

また運動しようと思っても、週一回しか運動ができないのなら、健康のために良い効果が得られないと思って、はじめから運動しない人もいるでしょう。

週1回運動すると、普段使わない筋肉を急に使うことになるので、筋肉痛や疲労がひどくなるので、避けている人もいるでしょう。

では、週1回しか運動できない人は、運動による健康効果は得られないのでしょうか?

運動しないほうがいいのでしょうか?

スポンサーリンク

週1回の運動でも良い健康効果が得られる

2017年1月9日にアメリカ医師会報(JAMA)の内科ジャーナル・オンライン版に発表された論文では、週末1回だけの運動でも、十分に健康への効果があると結論付けられたそうです。

40代以上の男女6万3591人を

  • 週に何度か20~30分軽い運動をする
  • 週末だけに少し強度の高い運動をする
  • 全く運動をしない

というグループに分けました。

そして、それぞれの死亡率を比べました。

  • 週に何度か20~30分軽い運動をする
  • 週末だけに少し強度の高い運動をする

グループは、

  • 全く運動をしない

グループに比べて、

  • 死亡率は30%低い
  • 心臓の病気だけに限ると40%低い
  • 癌は18%低い

と報告されているようです。

これだけではいい切るのは難しいかもしれませんが

週末1回の運動でも、小分けにして運動するのでも、健康効果は十分えられる

ということです。

本当に健康のための時間が取れないのか?

なかなか運動をする時間を、取れない人もいるでしょう。

しかし週一回なら、時間をとることはできるのではないでしょうか?

週1回では、健康効果を得られないといって諦めていた人も、運動をしてみてはいかがでしょうか?

そして一番考えていただきたいのは、健康になるための20分ほどの時間を、週3回取るのは、本当に難しいことでしょうか?

いくら忙しくても、健康を失ってしまっては、忙しくすることもできません。

健康より価値の高いものは、そうはないと思います。

まずは、週3回20分の運動の時間を確保してみてはいかがでしょうか?

20分の筋トレを週3回

ウエイトトレーニングであれば、

  • 1回20分
  • 週3回

で十分な効果を得ることができます。

実際私も、ウエイトトレーニングは、30分程度の短時間で終えています。

集中してやれば15分もあれば、筋肉に十分な刺激を与えることもできます。

筋肉を増やし、理想の体型を維持することもできるでしょう。

運動のし過ぎは逆効果

逆に運動しすぎるのは、健康にとっては悪影響の方が多くなります。

マラソン選手が、筋肉が小さく少ないのは、明らかに運動のし過ぎです。

怪我をする可能性も増えてきます。

健康や体型の維持のために運動をするのであれば、高強度の運動を短時間にする方がいいでしょう。

その方が効率良く、健康を維持し、筋肉をつけることもできますね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加