豆電球をつけたままの睡眠で病気に?アイマスクの使用がおすすめ

豆電球をつけたままの睡眠で病気に?アイマスクの使用がおすすめ質の高い睡眠をとることは、健康を維持するために重要な事です。

  • 栄養
  • 運動
  • 睡眠
  • 幸せ

が不足すると、健康を損ないます。

その重要な睡眠ですが、睡眠の質を落としてしまう、やってしまいがちなことがあります。

それは、部屋の照明を豆電球にして寝ることです。

夜、眠る時に、豆電球にしている人も多いと思います。

しかし、このような研究結果も出ています。

夜間に照明を使用したまま眠ると、家庭用の豆電球程度の低照度の明るさであっても体内時計のリズムが乱れ、肥満や脂質異常症、うつ、がんなどのリスクが高まることが、最近の研究報告により判明。

ラインニュースより引用

スポンサーリンク

豆電球は明るすぎる

でも、豆電球なら暗くて大丈夫なんじゃない?

と、あなたは思うかもしれません。

しかし、豆電球は明るすぎるのです。

専門家によると熟睡できる最適な明るさは0.3ルクスだそう。

豆電球による明るさは、9ルクス。月明かりで0.1〜0.3ルクスです。奈良県立医大の研究によると、真っ暗の中で寝ている人と、豆電球をつけて寝ている人とでは、肥満になる可能性が約2倍という結果も。

ラインニュースより引用

でも、

真っ暗闇では、恐怖感があって眠りにくいので、豆電球を付けないといけない

という方も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、アイマスクです。

これなら、目の中に光を入れることなく、質の良い睡眠をとることができます。

アイマスクを購入する時のポイントはこちら

  • 睡眠の質を効果的に上げるアイマスクを購入しました

おすすめですよ。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加