キーボードやフリック入力が苦手な私がブログの記事を速く書き上げている方法とは?

音声入力で、ブログの記事作成も、かなり速くなります。

私はブログの記事を作る時に、音声入力ができる場合には、音声入力で記事を作成しています。

もちろんこの記事も、音声入力で記事を作っています。

音声入力のいいところは、とにかくスピードが速いことです。

もちろんキーボードでの入力や、フリック入力の方が速い人もいるでしょう。

しかし私は、ブラインドタッチができるわけでもなく、キーボードの入力が速いわけではありません。

フリック入力はめちゃくちゃ遅くて、子供や妻のスピードの半分程度です。

これでは記事を書くにも、莫大な時間がかかってしまうことになります。

スポンサーリンク

話すことがほぼ正確に入力できる

それが音声入力であれば、ただ話すだけで、そのスピードで、文字が入力できるわけです。

1分で200文字くらいは簡単です。

キーボードでの入力では、1分間に100文字もいかないでしょう。

しかも最近の音声入力は、かなり精度が上がってきています。

話したことを、ほぼ正確に入力することができます。

1000文字の記事の下書きに10分

私がブログの記事を作成する時には、記事で書きたいことの要点を、箇条書きでまとめておきます。

その要点を見ながら、本格的な記事の下書きを書いていきます。

私は1000文字程度の記事が多いのですが、考えながら話して音声入力で、10分もかからないほどです。

キーボードでは、まずそのような速さではできません。

できあがった下書きをブログに貼り付けて、キーボードで加筆修正を行っていきます。

こういう細かい入力は、キーボードのほうがいいでしょう。

加筆修正が終わったら、画像などを貼り付けて完成です。

ブログ記事が、短時間に出来上がってしまいます。

これも、音声入力ができるようになったおかげです。

場所や目的で使い分ける

そんな便利な音声入力ですが、音声入力が使えない場合もあります。

それは人前や、周りの音がうるさい場所、公共での場所などです。

場所や目的で、音声入力やフリック入力、キーボード入力を使い分けていく必要があります。

一人で静かになれる場所が確保できるのであれば、積極的に活用していきたいですね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加