本やセミナーは役立たない?全ての出費は投資と考えると学べるものが多くなる

本やセミナーは役立たない?全ての出費は投資と考えると学べるものが多くなる

同じお金を、同じものに使ったとしても、得るものは違ってきます。

それは、意識の差です。

  • 出費を投資として考える

という意識です。

スポンサーリンク

出費以上のものを得ようとする気持ち

投資として考えると、それ以上回収しなければ損をすることになります。

そのため、出費以上のものを得ようという気持ちになります。

例えば、飲み会に行くとします。

何も考えていない人は、そこで、おしゃべりして、楽しかったで終わりです。

その楽しさが、払ったお金以上であればそれでいいのですが、何も意識していないと、

「他でお金を使ったほうが良かった」

ということになります。

飲み会のお金も投資と考える

飲み会に払うお金を、投資として考えている人は

  • 幹事をやって、イベントの運営のノウハウを学ぼう!
  • 会社の実力者の隣りに座って、いろいろ話をして学ぼう!
  • 仲間とその場でイベントのアイデアを出して、後日イベント開催の告知をして代金回収しよう!

などと、頭を使って飲み代を回収していこうとします。

セミナーや本も同じ

セミナーに行ったり、本を読んだりしても、同じことが起こります。

何も意識していない人は、セミナーや本の批評をして終わりです。

学べることも少なくなります。

批評しても、何も得られるものはありませんので、損をすることになります。

しかし、投資と考えている人は、払った以上のことを学ぶために、必死で何かを得ようとします。

そのため、同じ内容の話を聞いても、得られるものは多くなります。

講師に質問などもするでしょう。

隣のセミナー受講生と、アイデアを出し合って、新しいビジネスを始めるかもしれません。

同じ本を読んでも、学べることが多くなります。

投資として考えているか?

これらは、

  • 出費を投資と考えているか
  • ただの出費と考えているか

の意識の差です。

無料の情報は損をすることが多い

今、ネットでは、無料でいい情報がたくさん得られます。

しかし、無料の情報では、なかなか成果がでません。

それは、無料だからです。

無料だから、勉強しなくても、実践しなくても、何も回収できなくても、損をしないと感じるからです。

たとえ同じ内容のものでも、無料ではなく、有料のものであれば、自分のお金を出すことで、それを回収するために、本気で学んで、本気で実践するようになります。

無料だから損をしないような気がしますが、実際は、無駄な時間が増えるだけです。

それは、大きな損失です。

勇気を出してお金を払って学ぶ

お金を払って何かを学ぶのは勇気がいることです。

  • お金以上のことを学べないのではないか?
  • 大した内容ではないのではないか?
  • 出費だけ増えて、収入は増えないのではないか?

そこにお金を出すのですから、心配になるでしょう。

しかし、同じ内容を無料で学ぶよりかは、間違いなく得られるものは大きくなります。

  • 無料のセミナーはクレームが多いが、高額の有料セミナーはクレームが少なく満足度が高い

と言われています。

それは、そこに参加する人の意識の違いから、そのようになっているのでしょう。

  • 全ての出費は投資

という意識を持っておきたいですね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加