今の苦しい時期を乗り越えるには?理想とする未来から現在を見てみよう!

周りから見て

  • この人は今大変な苦労をしているんだろうな
  • 苦しい状況にあるんだろうな

と思うような人がいます。

しかし、本人にとっては、

  • 今は最高の時間だ
  • 幸せな時間だ
  • 自分は運がいい

と思っていて、後に苦しい状況を乗り越えて成功していくようになっていきます。

逆に、苦しい状況に潰されて、そのまま立ち直れないような人もいます。

その違いはどこにあるのでしょうか?

スポンサーリンク

目標を持ってそれが実現できると確信する

それは、

  • 目標を持っているかどうか?
  • それを自分が実現できると思っているかどうか?

だと思います。

以前のブログで過去は変えることができて、

  • 今幸せな人は、悪いと思っていた過去もいい過去に変化する

というのをかきました。

「あの苦しい出来事があったからこそ、今の幸せがある」

と、苦し過去が今の幸せのためのいい過去に変化します。

空室が続いた苦しい時期があったからこそ

私の場合、初めて購入した賃貸用マンションで、購入してすぐに退去が続き、その空室が繁忙期の3月になっても1室も入居が決まらないということがありました。

その時は、借り入れの返済もあるし、このまま入居が決まらなければどうなるのか?と心配な日が続いていました。

しかし、そこで満室経営に必要な本を読んで実践したり、マンションの独自のサイトを作って募集をしてみたりしてみました。

そして、なんとか数カ月後に満室になった経験があります。

今考えると

「あの苦しい時期があって勉強できたからこそ、今満室の状態が続いている」

と思えます。

理想の未来から今を見てみる

では、今の苦しい場面は、いい場面に変えることはできないのでしょうか?

それを変えるのが、未来から見た自分です。

もし、未来が自分の理想とする自分になっていたら、今の苦しいと思っている出来事も

  • この出来事があるからこそ、未来の成功した自分がある

と、思えることになります。

そう思うためには

  • 自分が理想とする未来を目標とし、それを自分は必ず実現できると確信している

ことが必要です。

高いセルフイメージ

目標がなければ、理想とする未来の自分がどういうものかイメージすることが難しいでしょう。

そして、それが実現できると思えなければ、未来の理想の状態から現在を見ることはできません。

つまり、

  • 目標を持ち、それを自分は実現できる

という高いセルフイメージが大切だということです。

周りの人が喜ぶ目標

どんな目標を立てていいのか、わからない人もいるでしょう。

そもそも、やりたいことがわからないという人もいると思います。

そんな時に、こんな視点でやりたいことや目標を考えてみてはいかがでしょうとか?

  • 自分が何をすれば周りの人が喜ぶか?

そういう視点で考えてみると、いろいろと浮かんできます。

しかも、そのやりたいことや目標は、人を喜ばすことにつながりますので、やる気も起こってきます。

自分や周りの人が喜んでいる未来から、現在の自分を見ると、どんなことも乗り越えていけそうな気になりますね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加