商売でうまくいく人はインターネットビジネスもうまくいく

商売でうまくいく人はインターネットビジネスもうまくいく商売で上手くいっている人というのは、与えることが上手です。

無駄なことにはお金は使いませんが、与えることに関しては、しっかりとお金を使います。

無駄なことにはお金を使いませんので、そこだけ見るとケチに見えるかもしれません。

しかし、ケチでは商売はうまくいきません。

与え上手でないと、うまくいかないのです。

スポンサーリンク

ビジネスや人間関係を成功させる重要な原理

返報性の原理というのがあります。

何か施しを受けたらお返しをしないといけないという原理です。

  • 試食
  • サンプル
  • プレゼント
  • 試着
  • 試用

などをすると、購入しないといけないような気持ちになってきます。

与えるものはこれだけではありません。

笑顔や、元気になる言葉だったりもします。

得する情報や、悩みを解決する方法だったりもします。

商売上手な人は、これらをドンドン人に与えていきます。

家の中にはカリン(借りん)の木を、家の外にはカシ(貸し)の木を

ということです。

カリンとカシの木のお話はこちら

インターネットでビジネスを行うメリット

しかし、与えるときにはコストがかかります。

有益な情報を書いたニュースレターでも、

  • インクや紙などの印刷のコスト
  • 封筒や郵送料や発送にかかるコスト
  • ニュースレターを封筒に入れて封をする人件費

など、結構なお金がかかります。

しかし、ネットでこれらを行うには、ほとんどお金がかかりません。

メールを送るにしても、ブログやフェイスブック等で有益な情報を発信するにも、ほぼ無料で行えます。

また、10万人にメールを送る場合にも、コストはほとんど変わらず、ほぼ無料です。

時間の短縮にもなります。

もし、10万人にニュースレターを送る場合、それにかかるお金はもちろん、時間も莫大な時間がかかります。

しかし、ネットであれば、ニュースレターを作れば、後は一瞬で10万に人にそのニュースレターを届けることができます。

ブログやサイトであれば、有益な情報を一度書いておけば、その後、何万人もの人に見てもらって有益な情報を与え続けることができます。

ネットは与えることにお金がかかりません。

商売の秘訣が与えることなら、ネットなら低コストで与え続けることができますので、それをやり続けることで、売上が上がった時の利益は大きなものになります。

マイナスのものが返ってくることもある

しかし、与えるといっても、価値の無いものを与えても、それは、相手にとってはマイナスのことになりますので、売上が上がることはありません。

一つの情報を与えて、それを読むのに10分かかるなら、相手の時間を10分奪っているのだから、それ以上の価値を与えないと、与えたことになりません。

お金だけの計算でも、時給1200円の人なら10分で200円以上の価値を与えないと、価値を与えたことになりません。

当たり前のことですが、与えた価値に応じたものが返ってきます。

スパムメールやスパム行為は、相手に価値の無いものを与えるマイナスの行為ですので、売上が上がるどころか、マイナスのものが返ってくるでしょう。

相手の

  • 悩み・心配・不安などを解決するもの
  • 相手の興味のあるもの
  • 達成したいと思っていることを達成させる方法

など、価値のあるものを与えて、インターネットを使ったビジネスも成功させましょう。

インターネットでビジネスを行うときの最強の戦略とは?

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加