無駄使いしたかな?お金と時間を有益に使うための判断基準となる目標を持つ

無駄使いしたかな?お金と時間を有益に使うための判断基準となる目標を持つ

お金と時間を使う基準となる目標を持つことが大切です。

時間とお金は、夢や目標を実現するものに使うことです。

スポンサーリンク

惰性と無意識にお金と時間を使うと無駄が多くなる

お金と時間は、何も考えずに無意識に使うと、無駄遣いが増えるものです。

お金や時間は、使ったときに無駄なものか有益なものかを意識しておくと、無駄遣いすることがありません。

無駄か有益かの判断基準

無駄か有益かは、

  • 自分の夢や目標にどれだけいいパフォーマンスを与えてくれるか?

で考えます。

家族の絆を深める

例えば

  • 家族の絆を深めたい

という目標を持っていたとします。

旅行に行くというお金と時間の使い方をしても

  • 一人で遊ぶためにお金と時間を使う

ということをすると、無駄使いになってしまいます。

  • 家族で旅行にいくためにお金と時間を使う

という使い方をすれば有益な使い方となります。

仕事の収入を増やす

  • 仕事での収入を増やしたい

という目標を持っているのであれば

  • ゴシップ雑誌にお金と時間を使う

というのは無駄遣いになります。

  • ビジネス雑誌にお金と時間を使う

というのは有益な使い方になります。

その時間とお金は目標に貢献しているか?

  • お金と時間を無駄なことに使っていないか?

というのは、このように

  • 夢や目標にどれだけ貢献してくれるか?

というのでわかります。

しかも、少ない時間やお金で、大きく貢献するものほど、良い使い方とも言えるでしょう。

まずは判断基準となる目標を持つ

そして、最も大事なことは、基準となる目標をしっかりと持っておくことです。

目標がなければ、良い使い方なのか無駄遣いなのかの判断もできません。

まずは、目標を持つことが大切ですね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加