目標を紙に書くと達成する可能性が上がるって本当?自分の価値観に合った目標を3つまでに絞る

2017年になり、今年の目標を立てた方も多いのではないでしょうか?

目標は紙に書くことで実現します。

そういう話を聞いたことがあると思います。

スポンサーリンク

目標を書くと達成する可能性が上がる

ある研究によれば、

  • 目標を書き留めることで、それを達成する可能性は44%上昇する

そうです。

頭のなかで目標を考えるのと、書き留めるのとでは、達成率が変わってくるということです。

紙に書くことで具体的になる

紙に目標を書くには、それを言語化する必要があります。

「なんとなくこうなりたいなあ」

と頭のなかで思うより、紙に書くことによって具体的になります。

「痩せたいなあ」

と思うより、

  • ダイエットする

と書くことで、目標が目に見える形になります。

実現可能な目標になる

また、

  • じゃあ、今年6キロダイエットしよう
  • それなら、1ヶ月0.5キロダイエットしなければいけない
  • 1週間に約100グラム痩せる

というように、紙に書くことで具体化していきます。

  • 1週間に100グラムなら達成できそうだ

と、実現可能な目標になっていきます。

大きな目標を3つまでにする

また目標は、たくさん作るより、3つくらいに絞っておくと、達成しやすくなるでしょう。

アレもこれもやってしまうと、結局全部が中途半端な形になってしまいます。

目標を絞ると、それに集中することができ、達成の可能性も高まります。

自分の価値観にあった目標にする

といっても、自分の価値観とは離れた目標だと、目標達成する意味がなくなってしまいます。

家族と幸せな家庭を築きたいと思っているのに

「週6日、1日15時間仕事をしなければいけないような目標を立ててしまう」

と、いくら目標を立てても、人生の戦略からは外れてしまう結果になるでしょう。

大きな目標1つで小さな目標がたくさん出てくる

自分の人生の戦略に合った、1年の目標を立てることです。

1年掛けて達成する目標であれば、1つ目標を立てることで、小さな目標もたくさん出てきます。

1年で6キロのダイエットの目標であれば

  • 週2回の有酸素運動をする
  • 有酸素運動は1回30分
  • 心拍数は(220-年齢)の75%くらいで
  • 6キロのダイエットだけど筋肉はできるだけ落とさないために
  • 週3回の筋トレをする
  • 週の1回目は脚
  • 2回目は胸
  • 3回目は背中
  • 筋トレの中身は・・・
  • 食事は・・・
  • 筋トレは・・・
  • 睡眠は・・・

目標は絞らないと達成できない

1つの大きな目標を立てることで、小さな目標もたくさん出てきます。

だからこそ、目標は大事なことを3つぐらいに絞らないと達成できません。

まずは、目標を自分の人生の価値観に合わせるためにも、価値観をはっきりさせておくことが先ですね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加