目標を達成しても幸せにはなれない!幸せとは環境や条件ではなく習慣です!

幸せになることを目指していては、幸せになることはできません。

「幸せになりたい」

と誰もが思うことです。

そのために、お金をたくさん稼いで、健康でいて、容姿のいい配偶者と結婚して、優秀な子どもがいて・・・というのを目指していきます。

しかし、そのようなものを目指すことと、幸せとは結びつきません。

スポンサーリンク

恵まれた環境の不幸な人

周りにこういう人がいたり、聞いたりしたことはありませんか?

  • お金をたくさん稼いでいてもお金のない人より不幸な人
  • 病気一つないのに、病気な人より不幸な人
  • きれいな人と結婚しているのに、独身の人より不幸な人
  • 優秀な子供がいるのに、あまり勉強ができない子供を持つ人より不幸な人

理想とする環境や目標を達成しているのに、不幸な人はたくさんいるでしょう。

幸せとは習慣

幸せとは習慣です。

目指すものではありません。

 幸せは習慣であって、目指すものではないのです。

また、幸せな状況や環境というものがあるわけではありません。

 どんな習慣かというと、

 幸せだと気づく習慣です。

幸せとは心の状態

幸せは心の状態であり、環境や条件のことではありません。

どんなに素晴らしいと思えるような環境に住んでいても、幸せだと気づけなければ、幸せにはなりません。

逆に、厳しい環境に身を置いている人でも、幸せなことを見つけて気づけば、その人は今すぐ幸せになることができます。

常に幸せな人

それを習慣として続けることで、その人はどんな環境でも、常に幸せな人になります。

今すぐ幸せになれない人は、将来も幸せにはなりにくいでしょう。

そこを勘違いしていると、いつまでも幸せになることはできませんね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加