安静時の1分間の心拍数が85以上になっている人は要注意です

安静時の1分間の心拍数が85以上になっている人は要注意です

安静時の心拍数が85以上になっている人は要注意です。

健康診断などで、安静時の心拍数を測ったことがある人は多いと思います。

しかし、それを重要視する人は少ないのではないでしょうか?

血液の数値や、血圧の数値は気になりますが、心拍数はあまり気になりません。

病院に行かなくても、自分ですぐに測ることができるのですが、あまり気にすることもないので、測ることもしないでしょう。

スポンサーリンク

心拍数があなたの心臓疾患死亡リスクを示している

といわれれば、少しは気にするでしょう。

29000人の安静時の心拍数の研究が、ノルウェーとスウェーデンで行われました。

その結果わかったことがあります。

研究の開始時に、1分間の安静時の心拍数が70以下だったグループがいます。

正常と言われる心拍数です。

そのグループで、12年後も安静時の心拍数が70以下だった人の、心筋梗塞などの心疾患で死亡するリスクを1とします。

それに対して、そのグループで、12年後に安静時の心拍数が85以上になっている人は、心疾患で死亡するリスクは、どれくらい多かったでしょうか?

それは、

  • 90%も心疾患で死亡するリスクが高かった

のです同じように70~85だった人が、85以上になると、リスクは80%増加します。

心拍数が心臓疾患と関係している研究はこれ以外にもたくさん報告されています。

心拍数を上げる要因

心拍数を上げる要因としては

  • 肥満
  • 運動不足
  • ストレス
  • 喫煙

などがあげられるでしょう。

有酸素運動で健康を維持

有酸素運動をすることによって、運動不足はもちろん、肥満を防ぎ、ストレスを解消することもできます。

心拍数を下げる効果もあります。

1日20分の最大心拍数の60%の運動で、若年死のリスクを20%近く下げるという報告もあります。

心臓疾患の死亡リスクは、心拍数を計ることで、予測ができるでしょう。

簡単に測ることができますので、意識しておくことをおすすめいたします。

また、測るだけでなく、心拍数を下げるための運動も忘れずに行いましょう。

外に出ることなく、家で有酸素運動をするなら、エアロバイクやルームランナーがおすすめですよ。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

筋トレ初心者が筋肉を大きくするトレーニングと食事の無料メール講座

理想の体型を作るトレーニング方法とは?

業界最安値のおすすめのプロテインはこちら

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加