学問のすゝめの有名な一節の後に続く福沢諭吉が本当に言いたかっとこと

学問のすゝめの有名な一節の後に続く福沢諭吉が本当に言いたかっとこと学び続けることが大切です。

福沢諭吉といえば、

  • 1万円札

でしょう。

そして、もう一つ有名なのが

  • 学問のすすめ

です。

この学問のすすめで有名な一節といえば

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずといへり

でしょう。

  • 人は、産まれた時には上下はなく平等である

ということです。

しかし、実は、この後に続く言葉があります。

しかも、その言葉こそ、有名な一節より福沢諭吉が言いたかったことなのです。

その言葉とは・・・

スポンサーリンク

中学3年からの4年間

私は、プロフィールにも書いてあるように、中学校3年生の頃から、ヤマギシズム学園というところに4年間行っておりました。

簡単に言うと、農業を通して様々な人生のことを学ぶ、といった感じのところです。

そのころ、マスコミからは、さまざまな批判を受けていましたので、知っている方もいらっしゃるかもしれません。

また、周りの方からも、

「無駄な4年間だったね」

「学歴が無くなったね」

などの、ご意見をいただきました。

しかし、そのような批判やご意見を頂いたとしても、私は、全く後悔しません。

学んだことは無くならない財産

なぜなら、そこで学んだことは、どんな批判を受けようとも、他の人からは奪われないし、無くならないし、私の財産になるからです。

考え抜く力

そこでは、一つの事柄や、考え方に対して、何時間も多くの人と考えぬいて、意見を出し合う時間が多く設けられています。

そのことにより、私は、今でも一つのことに対して、考えぬく力があるように思います。

文章を書く力

そこでは、毎日のように日記を書いたり、考えたことを書いたりする時間がありました。

他の人が書いた日記や文章を見る機会もたくさんありました。

そのことにより、下手だった文章が、少しは読めるような文章を書くことがあできるようになりました。

文章を書くことも、苦痛でなくなり、今では、賃貸マンションのサイトの文章を書いて入居を決めたり、アフィリエイトサイトを作ってお金を稼げていたりします。

人前で話せる力

そこでは、たくさんの人の前で、発表をしたり、ミュージカルをする機会がたくさんありました。

そのことにより、セミナーを開催することに、抵抗なく行うことができました。

そこでは、午前と午後に仕事をします。

無報酬で働くこと

お金をもらうこともなく、無報酬でする仕事です。

そのことにより、先に相手に与えることが苦痛でなくなります。

相手から、お金や何かをもらおうと思えば、先に何かを与える必要があります。

もともと無報酬で仕事をしていたため、先に与えることが普通なのです。

そして、仕事自体が好きになりました。

目標を持つ大切さ

そこでは、仕事や作業をする時に、必ず

  • 目的
  • 目標
  • 作業のポイント

などを設定して、仕事をしていました。

そのことにより、何事も目標設定をして、それに挑戦することが身につきました。

書いても書いても書ききれないほど、そこでは学んだことがありました。

学校で必要な知識は学びませんでしたが・・・。

この学んだことは、私の財産であり、盗まれる心配もなく、一生使えるものです。

学問のすすめの有名な一節に続く言葉

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずといへり

に続く言葉は

されば天より人を生ずるには、万人は万人みな同じ位にして、生まれながら貴賤(きせん)上下の差別なく、万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの物を資(と)り、もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨げをなさずしておのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。

されども今、広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥(どろ)との相違あるに似たるはなんぞや。

その次第はなはだ明らかなり。『実語教(じつごきょう)』に、「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。されば賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできるものなり。

と続いています。

簡単に言うと、産まれた時は上下の差別はないが、世の中は、

  • 賢い人と愚かな人
  • 貧しい人とお金持ちの人
  • 身分の高い人と低い人

がいます。

その違いはなんでしょう?

その違いを生んでいるのは、学んでいる人と学んでいない人によってできています。

学問のある人は、貴人や富人となります。

学問のない人は、貧人や下人となります。

ということです。

学び続けることが大切

最初の一節がよくピックアップされていますが、そちらは、福沢諭吉が考えて書いたことではなく、引用した部分といわれています。

言いたかったことは、やはり、その後に続く部分でしょう。

学んだことは、奪われることもなく、無くなることもなく、その人の財産となり、人生を豊かなものにしてくれます。

常に学び続けていくことが大切ですね。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

読書におすすめの椅子はこちら

たったの60分で速読をマスターする方法

東京大学「天才脳の開発方法」とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?

無料レポート「毎月10冊以上の本を読んでいる読書家20人に聞いた効果的な本の読み方とは?」請求フォーム

登録するお名前は苗字やニックネームで結構です。

下記のフォームに記入して「請求する」ボタンをクリックしてください。

入力された個人情報は、有限会社千寿メールマガジンの 配信にのみに利用させていただきます。

それ以外の目的で使用することはございません。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加