イオンがICタグで在庫管理やレジの効率化の活用実験

人手不足が解消される代わりに、単純作業の仕事しかできない人は、仕事がなくなっていきます。

イオンが、無線ICタグの活用実験をはじめたようです。

流通大手のイオンは無線ICタグ(RFID)の活用実験を一部店舗で始めた。商品在庫をロボットで自動管理したり、レジカウンターでの値札読み取りを効率化したりする。同社は主力となる総合スーパー(GMS)で従業員を接客に振り向ける方針を掲げており、業務の機械化を進める。効果が確かめられれば、取り組みを他店に広げる方針だ。

日本経済新聞より引用

これにより、在庫管理や、どの商品がどれだけあるかの棚卸しなどの、莫大な人員と労力がかかっていた作業を効率化することができます。

人口が減少してきて、働ける人が少なくなってくるのと、人手不足による賃金上昇の問題を、解消する方法の一つとなるでしょう。

またこれにより、レジでは、どれだけ商品の数があったとしても、商品が入ったカゴを置くだけで、瞬時に合計金額がわかるようになります。

あとは、お金や電子マネーなどで決済できますので、精算作業はセルフサービスになるでしょう。

スポンサーリンク

単純作業はなくなっていく

イオンがICタグで在庫管理やレジの効率化の活用実験レジ打ちという単純作業は必要なくなります。

レジ打ちだけでなく、単純な作業はコンピューターやロボットに変わっていきます。

実際、ICタグのように瞬時に合計金額はでませんが、バーコードで1点1点確認しながらのセルフレジは普及してきています。

愛南町でも、スーパーのフジでセルフレジが導入されています。

レジ打ちのような単純作業しかできない人は、今後必要なくなってくるでしょう。

自分の価値を高めていく

イオンでは、

「一連の取り組みはコストダウンよりも、接客に人を振り向けることが目的」

だそうです。

まだ、ロボットでは難しい接客が上手くできないと、会社にとっては必要がなくなってくるということですね。

常に勉強し続けて、自分の価値を高め、周りの人に必要とされる人になっていかないと、今後生き残っていくのは難しくなるかもしれませんね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加