治療はコストがかかり限界がある!治療より予防や検査に力を入れよう!

治療に力を入れる前に、予防に力を入れましょう。

どんなことにも言えることでしょうが、点検して予防するのは、コストが少なくてすみます。

お金の面だけでなく、様々な面で負担が少なくてすみます。

早い段階で異常が見つかれば、元の正常な状態に戻すことも簡単でしょう。

しかし壊れてしまって修理するのは、予防に比べてコストがかかります。

お金の面だけでなく、時間が長くかかったり、精神的な負担も大きいでしょう。

また壊れ方や度合いによっては、元の正常な状態に戻らなくなることもあります。

これは人間の体にも、同じことがいえます。

スポンサーリンク

治療より予防や検査に力を入れる

悪くなって治療を考えるより、その前の段階の予防や検査に力を入れることです。

  • 運動すること
  • 睡眠をしっかりとること
  • 野菜中心でタンパク質の多い食事をすること
  • 精神の安定を心がけること
  • 定期的な検査を受けること

これらのことに、コストはほとんど掛かりません。

しかしその効果は大きく、ほとんどの病気の予防となるでしょう。

予防を怠ると大きなコストがかかる

それは暴飲暴食を繰り返し、夜遅くまで遊んで、運動不足で、いつもイライラしていることと、コストはほとんど変わりません。

しかし長い時間が経つことで、後者のほうが早い段階で病気となり、治療が必要になるでしょう。

手術が必要になることもあるでしょうし、長い期間継続的な治療が必要になることもあるでしょう。

大きなコストを払うことになるのは、誰もがわかることです。

検査も予防の一つ

また検査を受けておくことも、予防の一つといえます。

検査を受けておくことで、大きな病気になる前の段階で、生活習慣の改善などで、予防することができます。

検査であれば、自分の時間の都合に合わせて、病院に行くことができます。

しかし病気になってしまえば、仕事や家事の時間、やらなければいけないことがあったとしても、病院に行く必要がでてきます。

貴重な自由な時間が、奪われてしまうことになります。

治療には限界がある

また治療方法には限りがあり、限界もあります。

病気になる前の段階であれば、様々な方法で病気にならないようにすることができます。

しかし病気になってしまえば、元には戻らない可能性も出てくるでしょう。

90年という寿命があったとしても、70年しか生きられずに20年という、莫大なコストを払うことになるかもしれません。

治療に力を入れるより、予防や検査に力を入れることを考えていかないといけませんね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加