仕事などが忙しくてやりたいことができないという人へ

仕事が忙しいやりたいことがあるのに、忙しくてできない。

そう思っている人は、多いのではないでしょうか?

私もその一人です。

  • 本を読んで勉強したいけど、忙しくてできない。
  • 健康のために運動したいけど、忙しくてできない。

次から次へと、しなければいけないことができて、したいことができません。

しかし、ここで考えておかなければいけないことがあります。

スポンサーリンク

忙しいが口ぐせやいい訳になっている人へ

忙しいと思っている人にとっては、ショックな事かもしれません。

それは、

  • 忙しくて本を読めないといいますが、では、暇な人が本を読んでいるでしょうか?実際、エグゼクティブの忙しい人が、たくさんの本を読んでいる事実があります。
  • アメリカ合衆国の大統領は、世界で最も忙しいと言われている人です。その、オバマ大統領が、朝の時間にトレーニングをしている事実があります。オバマ大統領より暇な人が、忙しいと言って運動不足になり、肥満や病気になっている事実があります。

そう、忙しさと、することの関係性は、実はありません。

では、やることというのは、何が決めているのでしょうか?

いくら忙しい人でも、寝る時間や食事をする時間を確保している人は、多いと思います。

ここで、言いたいのは、食事の時間や睡眠の時間を削って、やりたいことをやれ、ということではありません。

寝る時間や食事の時間を確保しているのは、それが、その人にとって優先順位やニーズが高いから、その時間を、どんな時間よりも確保しているのです。

何がやることを決めているのか?

やることというのは、ニーズや優先順位の高いものをしています。

健康よりも、仕事や友人関係のほうが優先順位が高いから、睡眠時間や運動の時間を削って、仕事や飲み会を夜遅くまでしてしまいます。

勉強の時間より娯楽の時間の方が優先順位が高いから、読書やセミナーを受講する時間を削って、テレビをみたり、夜遅くまでネットサーフィンをしてしまったりしています。

やりたいことをやるのに忙しさは全く関係ありません。

それは、優先順位の問題です。優先順位を見直すには、

  • 自分の目標は何か?
  • どういう結果や状態になることを望んでいるのか?
  • なぜ、それをやりたいのか?

を考えることです。

そして、それに基づいて優先順位を決めていきます。

2015年に向けて、しっかり考えておきたいですね。

人生を有意義なものにするならこちらがおすすめ

ジェームス・スキナー「成功の9ステップ」オーディオコース 特別版

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

大富豪の仕事術とは?

生産的な活動をするための時間術とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加