これを知らなければ人生をムダにしてしまう時間を有効に使う方法 1分間時間術 石井貴士

1分間時間術命を作っているものは時間です。

寿命80年の人は、80年という時間を与えられて、それをどう使うかが人生です。

その命ともいえる時間を有効に使うにはどうすればいいのか?

それが、この本

に書かれています。

私がこの本を読んで感じたことを少し紹介いたします。

スポンサーリンク

 ムダな時間とは?

人生の時間は有限です。

有限だからこそ、有効に使おうと思います。

もし、無限に人生の時間があるのであれば、時間を有効に使わなくても、別に困ることはないでしょう。

先延ばししても、ムダに時間を使っても、そのあとにやればいいだけです。

しかし、現実は、時間は有限です。

時間を有効に使うとは、自分の目標のために使っている時間だと思います。

  • お金の目標
  • 仕事の目標
  • パートナーとの目標
  • 健康の目標

いろいろあると思いますが、

  • 今やっていることは、その目標を実現するために有効なことなのか?

ということです。

10キロダイエットするという目標を持っていても、寝転がってテレビを見ていたり、ビールをタップリ飲んでご飯を大盛り食べていたりすれば、それは健康の目標に有効な時間ではないでしょう。

そのように、目標のために有効ではない時間が、ムダな時間なのではないかと思います。

メディアタイムを極限まで減らす

ムダな時間で大きな割合を占めているのがメディアタイムです。

テレビを見ている時間であったり、ネットサーフィンをしている時間であったり、SNSを見ている時間であったりします。

世の中のニュースは、ほとんど自分の目標と関係のないことです。

また、他人の出来事も、ほとんどは関係のないことです。

そのため、メディアタイムは、ほとんどがムダな時間となります。

しかし、そのメディアタイムも、自分の目標に沿っている場合もあります。

サッカー選手になりたいのであれば、サッカーの試合を研究のために使ったり、自分の仕事の技術を向上させるために、ビジネス万のドキュメンタリー番組を見たりすることです。

大切なのは

  • この時間は自分の目標を実現するために有効な時間なのか?

ということですね。

優先順位1位以外は切り捨てる

世の中暇な人はいません。

全員が忙しいのです。

しかし、重要なのは、

  • 何に忙しいのか?

ということです。

だらだらテレビを見ることに忙しい人もいます。

飲み会で友達と愚痴をいいあうのに忙しい人もいます。

読書をするのに忙しい人もいます。

トレーニングをするのに忙しい人もいます。

読書をする時間がないという人がいますが、暇な人が読書をしているわけではありません。

読書を自分時間の優先順位の高い位置においているから読書しているのです。

多くの人は、寝る時間を確保し、食事の時間を確保します。

それは、それらが優先順位が高いからです。

自分の目標を実現するための行動を、優先順位1位にしていき、それら以外を切り捨てていく勇気を持ちましょう。

それが、最も時間を有効にする方法です。

本を読む時間を確保する

ほとんどの場合、本を読む時間は、目標を実現するために有効な時間です。

他人が莫大な時間と労力をかけて研究したことを、少しの時間で学ぶことができるからです。

ぜひ、この

を読んで、時間術を学んでみてくださいね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加