腰痛・肩こりの大きな原因

腰痛・肩こりの大きな原因肩こりや腰痛の大きな原因は普段の姿勢です。

しかも、立っている姿勢より、座っているときの姿勢が大きく影響します。

立っている時、そのまま同じ姿勢で立ち続けていることはほとんどありません。

立っているときは、ほとんど動き回っているか、立っていたとしても1時間まででしょう。

しかし、座っている姿勢は、長時間続きます。

デスクワークの人は、1日で数時間も座り続けます。

車の運転や通勤でも、数時間座り続けることがあります。

食事の時にも1日3回、30分ほど座り続けます。

学生さんなら、学校で数時間座り続けます。

立っている時間より、座っている時間のほうが圧倒的に長い時間になります。

そのため、座っている姿勢が重要になります。

スポンサーリンク

腰痛には腹筋背筋を鍛えるといい?

姿勢が悪いと、姿勢が悪い時間ずっと筋肉に負担がかかっていることになります。

もし、5時間、倒れかかってくる重い壁を支え続けると、どうなるでしょうか?

当然疲れきって限界を迎えるでしょう。

たとえ寝ている間休めていたとしても、それが毎日毎日続けば、倒れてしまうでしょう。

それが、姿勢の悪い人の筋肉の状態です。

腰痛には腹筋や背筋を鍛えればいいと思っている人がいます。

確かに、多少の効果はあるかもしれません。

しかし、そういう問題ではありません。

いくら筋肉が強くても、常に負担をかけ続けていれば、限界を迎える事になります。

腰痛・肩こりは正しい姿勢で軽減できる

重要なのは、座っている時に、正しい姿勢を取り、首や背中や腰の筋肉に負担をかけないことです。

正しい姿勢を取れば、筋肉ではなく、骨で体の重みを支えることができます。

そのため、最小限の筋肉の力で姿勢を保つことができます。

正しい座る姿勢は

  • 骨盤が前傾して
  • 体のS字カーブが保たれている

状態です。

意識していないと、なかなかその姿勢を維持するのは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、正しい姿勢を簡単に維持できる椅子です。

これなら、座るだけで、意識することなく、自然と正しい姿勢を維持することができます。

肩こりや腰痛がひどい方は、ぜひ、試してみてください。

おすすめの自然と姿勢が良くなる椅子はこちら

正しい姿勢なら集中して読書ができる

小さい頃から何度も何度も猫背を指摘されてきました。

直そう直そうと心がけてきたのですが、たまに整体などにいくと猫背だと言われました。

子どもが生まれ、まだ子どもは赤ちゃんですが、将来大きくなったときに姿勢と良くしなさいと言っても、親の私の姿勢が悪いと説得力がありません。

まず、自分の姿勢をただそうとバランスチェアを購入しました。

最初は慣れない形の椅子で違和感が大きかったのですが、次第に慣れてきました。

育児はとにかく自分の時間が細切れにしかとれません。

私は読書が趣味で、子どもが一人遊びをしている時に、少し小説を読むのが何よりの楽しみでした。

バランスチェアのおかげで姿勢が良くなったせいか、僅かな時間でもバランスチェアが無かった時よりも、集中して読めて読書が捗るようになりました。

調整的に背筋が伸びるので、慣れると肩がこらなくなり、とても気持ちが良いです。

いままで、気持ちのいい椅子とはリクライニングだとばかり思っていたので、目からうろこです。

夫は私に輪をかけて姿勢が悪く、何度も注意してもなおらず、そのせいか食べこぼしが多いので、夫のバランスチェアを現在注文中です。

子どもももう少し大きくなったらバランスチェアを購入して、姿勢の良い家族を目指したいと思っています。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

おすすめの自然と姿勢が良くなる椅子はこちら

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加