痩せ過ぎは太りすぎ同様長生きできなくなります

痩せ過ぎは短命になります。

毎日のようにダイエットのテレビ番組があり、本や雑誌でも、ダイエットの特集が多く取り扱われています。

確かに、日本では食べるものに困ることがなく、自分で食事をコントロールしないと、肥満になってしまいます。

そして、太り過ぎは、外見が悪いだけでなく、病気を引き起こすことも知られています。

そのため、ダイエットをして、体型を維持しようとしている人も多いでしょう。

しかし、感じている人も多いと思いますが、あまりにも痩せすぎている人も、肥満と同様に多いです。

痩せている人は、病気とは無縁で、長生きをするような気がします。

しかし、実際はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

体格を表すBMI

体格を表す指標としてBMIというのがあります。

健康診断の時に使われることもありますので、知っている人も多いでしょう。

体重(キログラム)÷身長(メートル)の2乗

でBMIの数値がでます。

このBMIですが、理想は22といわれています。

BMIと死亡リスクの関係

アメリカの生命保険会社が400万人以上ものデータからBMIの数値ごとの死亡率を求めました。

理想的な体重
 では人間ではやせていればいるほど健康にいいのか。もしそうでないなら、どの程度の体重であるのが医学的には理想なのでしょうか。米国では生命保険会社の400万人以上のデータから、体重(kg)を身長(m)の二乗で割って求めたBMI(体格指数)を身長とは無相関の肥満の指標として用い、各年代ごとに最も死亡率の低いBMIをもとめました。この結果、死亡率を縦軸、BMIを横軸にとった時、きれいなU字を描くことが示されました(図1)。
 BMIの小さいやせた人では、肺炎や結核などの感染症の発病率が高く、BMIの大きな太った人では糖尿病や心臓病などの発病率が高くなります。
 男女別に各年齢毎にこのようなグラフを作成し、死亡率の最も低い肥満度を求めてみると、この理想的な肥満度の値は加齢とともに大きくなっていることがわかりました(図2)。
 男女で大きな差はなく、年齢とともにほぼ直線的に理想的なBMIの値が大きくなっていきます。長寿を目指すには、やせすぎず、また太りすぎず、年齢にあった理想的な肥満度を維持していくことが重要でしょう。

BMI

BMI

健康長寿ネット 長寿と栄養より引用

上のグラフは、60歳のBMIと死亡の関係を表したグラフです。

見ての通り、BMI27当たりが、一番死亡率が低くなっています。

そして、下のグラフが理想的な肥満度です。

年齢を重ねるごとに、体重は増えている方が理想と言えるでしょう。

体重だけでなく筋肉量にも注意する

また、この体重ですが、体重の多くが筋肉である方が理想と言えるでしょう。

私の場合は、身長が174センチで体重が80キロ、BMIが26.4で肥満になります。

しかし、見たことがある人はわかると思いますが、肥満といった感じではないでしょう。

体重だけでなく、筋肉量や体脂肪率も考慮していくと、病気だけでなく、寝たきりのリスクも防ぐことができますね。

太り過ぎと同様に、痩せ過ぎにも注意しないといけませんね。

体の新常識を学ぶならこちらがおすすめ

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

おすすめの自然と姿勢が良くなる椅子はこちら

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加