車の運転の腰痛予防におすすめのEXGEL モニート ツーリング Lite セットを購入

座った姿勢を続けると、腰が痛くなることはありませんか?

長時間座り続けた後に、腰が伸びにくくなったり、重だるくなったりする人は多くいます。

また、長時間座ることによって腰が痛くなるだけではなく、寿命が縮まるという事もいわれています。

長時間座り続けることは寿命を縮める自殺行為です

私も、長時間の車の運転をすると、腰が痛くなってしまいます。

なぜ、長時間座ると腰が痛くなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

座る姿勢は腰に大きな負担がかかる

座る姿勢というのは、腰に大きな負担がかかる姿勢です。

楽をするためにと思って座っているのに、腰は楽な姿勢にはなっていません。

まっすぐに立った姿勢での、腰の骨と骨の間(椎間板)にかかる荷重を100とします。

立つより楽と思える座った姿勢の場合、その荷重どうなるでしょうか?

それは、腰への負担が少ないと思われる、背筋を伸ばして座ったとしても、立った姿勢より多い140になります。

姿勢をよく座ったとしても140です。

さらに姿勢の悪い状態を作ってみます。

体を20度前へ傾けます。

そうすると、180にも跳ね上がります。

このように、座る姿勢というのは、腰へ、かなり大きな負担がかかっていることがわかります。

それでも、座らなければいけないときも多くあります。

そんなときにも、できるだけ腰への負担を少なくするためにも、正しい姿勢で座ることが大切です。

座ったときに仙骨が地面に対して垂直にしておくことで、正しい姿勢で座ることができます。

正しい姿勢をキープするには足の位置が需要

その姿勢を長時間キープしておくためには、足の位置が重要になります。

足の位置が、膝より体側にあるようにしなければいけません。

実際に椅子に座って試してみるとわかるのですが、足が膝よりも前に出れば出るほど、仙骨を垂直に立てるのに苦労するのがわかります。

そのような状態で、正しい姿勢を長時間続けるのは難しく、そうなると仙骨が後ろに倒れるような姿勢になります。

仙骨が後ろに倒れることで、腰のカーブがなくなり、背中が自然と丸くなってきます。

腰には大きな負担がかかり続けることになるでしょう。

そのような姿勢にならないように、足の位置が膝の手前になり、座面を前に倒して、仙骨を垂直に立てられるようにした椅子もあります。

 

これなら、正しい姿勢を強制的に維持することができるでしょう。

車の運転は姿勢が悪くなって当然

しかし、この姿勢を車の運転のときにするのは難しいです。

アクセルとブレーキを踏むために、足の位置が膝よりも前に出てしまうからです。

これでは背筋を伸ばす姿勢を作るのは難しいでしょう。

どうしても悪い姿勢となり、腰への負担はかなり大きくなります。

長時間座り続けると寿命が短くなるということと、腰に大きな負担がかかり続けるということもあり、車の運転では、こまめな休憩を積極的にとっていくことが大切でしょう。

それと、このようなグッズを使うのもいいかもしれません。

それは

EXGEL モニート ツーリング Lite セット

です。

EXGEL モニート ツーリング Lite セット

私も購入して、実際に使っています。

適度な柔らかさで体への負担を減らし、仙骨を立てた状態にキープしてくれます。

長時間運転しても、腰への負担が少なくなったように感じます。

取り付けや取り外しも簡単にできますので、普段と違う車を運転しないといけなくなったとしても、すぐに取り付けが可能です。

長時間運転する必要がある人や、運転した後に腰が痛くなったり、重くなったりする人は、試してみるといいかもしれませんね。

EXGEL モニート ツーリング Lite セットを購入するならこちらがおすすめ


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加