たんぱく質と食事回数を多くするとダイエットに有効です!食事誘発性体熱産生とは?

ダイエットの時には、たんぱく質をしっかりと摂取して、食事回数を多くすることです。

食事をすると、エネルギーを補給することになります。

エネルギーを補給するのですから、たくさん食べると、当然それが体内に蓄えられる量も多くなります。

ところが食事の内容によっては、その蓄えられる量が変わってくるのです。

スポンサーリンク

食事誘発性体熱産生とは

  • DIT反応

というものがあります。

  • 「食事誘発性体熱産生」

のことで、食事をすると、消化器官が活動することになります。

この消化のために、エネルギーを消費して熱が発生します。

食事をすると、体が温まるのはこのためです。

多くのエネルギーを消費する

このとき消費するエネルギーは大きいもので、

  • 生存活動に使われる基礎代謝
  • 運動することによって使われるエネルギー代謝

の次に大きい代謝となっています。

つまり食事をすることによって、エネルギーを補給しながらエネルギーを消費しているのです。

食事回数によって太りやすさが違う

そのため、食事の回数を減らすことによって、消費されるエネルギーは減ることになります。

朝食を抜いて、

  • 1日2食にすると太りやすくなる

というのは、このことも関係しています。

また、ボディビルダーが1日6食ほど食べているのは、空腹時の筋肉分解の機会を減らすこともあります。

それプラス食事回数を増やすことで、エネルギー消費を増やして、余分な脂肪をつけないようにしているのもあります。

食べるものによっても消費エネルギーが違う

そして、この

  • 食事誘発性体熱産生

ですが、食べるものによっても違うことがわかっています。

  • 炭水化物によるDITは5%
  • 脂肪は4%

ですが、

  • たんぱく質は30%

となっています。

つまり、タンパク質の多い食事であれば、他の炭水化物や脂肪と比べて、同じ量を食べても太りにくいということがわかります。

ダイエット時には、低カロリー高タンパクの食事がおすすめですね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加