お客様から信頼され仕事ができるようになる仕事術とは?

メモを取る習慣仕事のできる人の共通の習慣があります。

それは、誰もができることですし、それをすることによって、他人からの信頼を得ることができます。

その習慣とはなんでしょうか?

スポンサーリンク

仕事をする上で重要な習慣

よし、これを覚えておこう!

と思って、忘れてしまって、後でなんだったかなあ?となることはありませんか?

お客様の要望を聞いて、次回、それに応える予定だったのに、忘れて信頼を失ったことはありませんか?

覚えていないといけないことが頭の中でいっぱいになり、他のことが考えられなくなることはありませんか?

私も、よくあることです。

しかし、これでは、仕事をするものとして、社会人として、一人前にはなれないでしょう。

では、それを解決するにはどうすればいいのでしょうか?

それがメモをすることです。

メモを取ることによるメリット

 メモを取ることによって、忘れることを防ぎ、確認することによって、記憶が曖昧にならずに明確になります。

また、人が話しているときに、メモを取っている人とそうでない人、どちらを信頼するでしょうか?

きっと、多くの人が、メモを取っている人を信頼に値する人だと思うことでしょう。

メモをとるという姿勢だけで、相手の信頼を得られます。

また、過去の膨大な量の情報から、重要な部分だけを確認することができ、時間を短縮することができます。

本を読んだり、セミナーで学んだりしたことを、内容の全てを覚えておくことは難しいことです。

しかし、重要な部分だけを抜き出し、それをメモしておくことで、過去に学んだことを、短時間で見直すことができます。

石井貴士さんの 本当に頭がよくなる1分間ノート術

最強のノート

記憶喪失になっても、そのノートを見るだけで、復活して大成功できるノート

というのがあります。

たとえ記憶喪失にならなくても、このようなメモを取っておくことで、学んだことが自分のものとなり、ピンチの時には、そのノートが解決してくれることでしょう。

また、そのノートをとるということは、学んだことをわかりやすくまとめ、頭の中身を外に出すアウトプットになります。

先日のブログにも書きましたが

本やセミナーで勉強するだけになっていませんか?理解を深め望む結果を得る

アウトプットすることで、学んだことをしっかりと理解することができます。

天才といわれる人の共通点

もう一つ、メモの素晴らしいことがあります。

それは、覚えておかないといけないことを忘れることができることです。

何かを覚えていないといけない状態というのは、それだけで、脳を使っていることになります。

これでは、新しいアイデアが浮かんできません。

ToDoリストを書くことによって、やらなければいけないことを頭の中から追い出すことができます。

書いてあることを見て、それをやっていくだけの状態にすると、脳は、他の重要なことに使うことができます。

天才にはメモ魔が多い

というのも、脳を最大限使うためのものかもしれませんね。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

大富豪の仕事術とは?

生産的な活動をするための時間術とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加