貯金と節約は人生の選択肢を狭める!お金は自分の目標達成のためにドンドン使うことです

貯金と節約は人生の選択肢を狭める!お金は自分の目標達成のためにドンドン使うことです

貯金を精神安定剤にしてしまうと、貯金が減ることを恐れてなかなか使うことができません。

節約して貯金するということは、使えるお金を自ら少なくして、人生の選択肢を狭めることです。

たくさん貯金していれば、安心はするでしょう。

しかし、人生に厚みのある魅力的な人になったり、目標を達成したりすることは難しいでしょう。

お金が減るのを恐れているために、お金をどんどん使うところでも、節約してしまうからです。

もちろん自分の目標や、人生に役立たないことにお金を使うことは、節約するほうがいいです。

節約をするのですが、節約するところを間違えると、ずっとお金がなくなることに不安を感じて生きていくことになります。

スポンサーリンク

お金を使うところと節約するところ

  • 何にお金を使うか?

というのが重要で、その基準が目標になります。

目標と行っても、収入やお金のことだけではありません。

家族や健康、人間関係、社会との関わり、趣味、遊びなど、たくさんジャンルの目標があり、その目標に沿ったお金の使い方をします。

勉強や人脈、旅行などの自分の経験やスキルには、どんどんお金を使うほうが、人税も豊かになり、自分が使えるお金の量も増えていきます。

お金を目標達成するための道具として使う

お金が増える人は、お金を精神安定剤にするのではなく、

  • 活用する道具

という発想で、自分の人生や目標に役立つことに、ドンドン使っていきます。

様々なことを体験することで、人生に厚みができてきます。

  • 自分が理想とすることを達成している人に会うこと
  • 目標を達成するために必要な知識が書かれている本を読むこと
  • 行ったことがない脳に新たな刺激が入るような旅行をすること

そのような経験や知識にお金を使っていきたいですね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加