長時間働いて稼ぐという考え方をやめて自動的にお金が生まれる仕組みに注目しよう!

  • 長時間働いて稼ぐ

という考え方を変える必要があります。

長時間働いて稼ぐという考え方では、なかなかお金は増えていきません。

なぜなら、時間には上限があるからです。

時給1000円であれば、8時間働いて、1日8000円のお金がもらえます。

収入を増やそうと思えば、長い時間働く必要があります。

しかし長い時間働くといっても、1日は24時間しかありません。

睡眠や食事の時間も必要になります。

実際に働ける時間は、16時間ほどが上限でしょう。

そうなれば稼げるお金も、1日1万6千円が上限になってしまいます。

1ヶ月は30日しかありません。

1ヶ月休みなしで働いても、50万円が上限になります。

しかも休みなしでずっと働くのは無理でしょうから、長期間稼ぎ続けるのは、現実的には難しいでしょう。

スポンサーリンク

収入を増やそうとすれば時間がなくなる

他にも長時間働くのには、デメリットがあります。

収入を増やそうとすることで、時間がどんどんなくなっていくことです。

先程書いたように、収入を増やすためには、長時間働く必要があります。

長時間働いて忙しくなることで、チャンスを逃すことにもなります。

チャンスはすぐにつかまないと、逃げていくことになります。

しかし忙しくては、そのチャンスをつかむことはできないでしょう。

すぐつかむためには、時間の余裕が必要になります。

チャンスが来たらすぐに動けるようにしておくことです。

時給アップの機会も奪われる

  • 勉強する時間
  • 人脈を作る時間

も奪われてしまいます。

もし勉強して自分のスキルをアップすることができれば、収入を増やすことも可能でしょう。

新たな人脈から、チャンスをもらうこともできるでしょう。

そうすることで、時給をアップさせることもできます。

時間に上限があるが金額に上限はない

時給の時間には上限がありますが、金額には上限がありません。

時給1000円を、時給3000円にすれば、同じ時間働いて3倍の給料です。

もちろん3倍になるだけの、スキルや人脈が必要になってきます。

長時間働いて収入を増やすと考えていては、そういうことは不可能です。

時間を売って稼ぐ不利な条件

もう一つ時給で稼いでいる人には、お金を稼ぐ上で不利な条件があります。

時間を売って稼ぐという時給のマーケットは、それを買っている相手の方が、有利になっています。

考えてみればわかりますが、時間を売っている人の時間を買って、それを活用して稼いでる人がいます。

つまり時給で稼いでる人の時間は、安く買われているということです。

また今後は、人工知能の発達で、時間売りのマーケットそのものがなくなってしまう分野も、たくさん出てくるでしょう。

  • 時間を売って稼げなくなる
  • かなり安く時間を買い叩かれる

ことが起きてくるということです。

そう考えると時給で稼ぐというのは、リスクの高い手法でもあると言えます。

自分の時間を売らないようにする

ではお金をたくさん稼いでる人は、時給ではなく、どのように考えているのでしょうか?

それは

  • いかに自分の時間を売らないようにするか

ということです。

安く自分の時間を売っている人がいれば、積極的に買っていきます。

  • 人を雇う立場

になるということです。

自分の時間を売らなくてもお金が生まれる仕組み

そして人の時間を買って余った時間を使って、自分の時間を売らなくても

「自動的にお金が生まれる仕組み」

をたくさん作っていくのです。

その仕組みをたくさん作っていくことで、自分の時間を売らなくても、いくらでもお金を増やすことができます。

不動産はお金が生まれる仕組みを買うということ

不動産も、その仕組みの一つだと言えます。

お金を稼ぐ仕組みができたものを、お金で買っていくというイメージです。

毎月5万円のお金が入ってくる仕組みができている、賃貸用の一戸建てを500万円で買えます。

自分の時間は、使う必要はありません。

家賃の5%ほどのお金を払うことで、管理会社さんが、家賃の回収や管理を全てやってくれます。

家賃の5%のお金で、それらの業務にかかる時間を、買っていくということです。

自動的に収入を得られる仕組みに注目

それを繰り返すことで、自分の時間を使うことなく、売ることなく、収入を増やすことができます。

自分の時間を売ることではなく、その時間を売っている人を使って、自動的に収入を得られる仕組みに注目していくことですね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加