年収の高い人の時間の使い方と管理職の重要な仕事は?

時間を意識する年収の高い人というのは、時間を意識している人が多いと思います。

年収の高い人というのは、時給の高い人です。

同じ成果を、他の人より短い時間で達成出来る人といってもいいでしょう。

時間を意識することが、高収入を得るために重要なポイントといってもいいでしょう。

では、実際に高収入の人が、どんな仕事の方法や、時間の使い方をしているのか?貴重な体験談をいただきましたので、紹介いたします。

スポンサーリンク

難しい仕事から解決して簡単な仕事は隙間時間で

  • 年齢

50代

  • 現在の職業や年収やアピールポイント

銀行勤務、年収1150万円、懸命に仕事して同僚に負けないようにしている。

  • タイトル

早く自分流の仕事のパターンを身につけよう

普段の仕事で意識していること

毎朝新鮮な気持ちで仕事に取り掛かるようにしている。

毎日難しい仕事から解決するようにしている。

簡単な仕事は隙間時間を使ってこなすようにしている。

部下に任せる仕事はきっちり任せている。

多少時間がかかっても辛抱強く待つようにしている。

管理職の仕事は部下を大きく成長させることと弁えて、小さな成功体験を持たせるようにしている。

集中力を高める方法

自分の仕事のスタンスを作るようにする。

よく動く部下は重宝なのだが、ばたばたして集中して仕事をする時間がないので、毎日時間を決めて集中してデスクワークをするようにしている。

電話、来店客などがあると集中力が途切れるが、別室に移動させて期限のある仕事は期限厳守できるように配慮している。

仕事効率化のために行っていること

時間外は長い目で見るとプラスにならない。

時間内に仕事を済ませる意識を持つように毎日徹底している。

仕事の効率化を図るには強い意識を持つことが大切。

ではどのようにすれば仕事の効率を上げることが出来るかを考えさせる。個人差があるので根気よく見守って、各自どのようにして効率化を進める観察し、適時アドバイスをする。

仕事効率化のために使っているグッズ

メモ用紙、4色ボールペン、シャープペンシルが無いと仕事の効率が落ちる。

又、机の上にタイムスイッチを置いて仕事にスピードを加えるようにしている。

部下も置くように勧めている。急いで出来の悪い仕事ではやり直しになる。

集中力を発揮して、より良い仕事を正確に早く仕上げるようにしている。

読書の方法

新聞は通勤電車の中で読む。

考える本は布団の中で30分ほど読むようにしている。

その他には読書する時間がなかなか見つけられない。

管理職になると忙しくなり、なかなか一冊の本をじっくり読むことができない。

今になってからでは遅いのだが、若い人は自由時間が多いと思うので、様々なジャンルの本を読んでおくことが大切と思う。

それらの雑学が管理職になった時に役に立ってくる。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

大富豪の仕事術とは?

生産的な活動をするための時間術とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加