面倒くさいことを後回しにすることでもっと面倒くさいことが起こります!

面倒くさいことを今やってないと、後でもっと面倒くさいことになります。

何かしようと思った時に、めんどくさいなあと思うことがあります。

大抵は、今やらなくても、特に影響がないことです。

今やらなくても特に影響がないので、今やらずに後回しにすることになります。

スポンサーリンク

今すぐ運動しなくても困らない

例えば

  • 健康のための運動

です。

今やらなかったからといって、特に困るような事はありません。

すぐに病気になったり、肥満になったりするわけではありません。

次の日や明後日になって運動してもいいものです。

  • 勉強

もそうでしょう。

今勉強しなかったからといって、すぐに困るようなことは起きません。

他の人より仕事ができなくなるわけではありません。

  • 健康診断

もそうかもしれません。

特に異常を感じていないのであれば、今すぐ健康診断をしなくても困ることはほとんどないでしょう。

後回しにしたことはやらない

このような今すぐしなくても困らないことは、めんどくさいなあと思ったら、後回しにしてしまうことがほとんどです。

そして多くの場合、後回しにしたことは、やらずに終わってしまいます。

やらなかったら未来はどうなるか?

そんな時に重要な考え方は

「これをやらなかった場合、未来はどうなるのか?」

ということです。

もし健康のための運動を、めんどくさいなあと思って後回しにしていたら、将来大きな病気になるかもしれません。

病院で指摘されて、長期間のダイエットを、しないといけなくなるかもしれません。

もし勉強が、めんどくさいなあと思って後回しにしていたら、会社でリストラされることになるかもしれません。

健康診断を、めんどくさいなあと思って後回しにしていたら、隠れた病気が進行していて手遅れになるかもしれません。

手術をしなければいけないかもしれません。

もっと面倒くさいことが起こる

多くは面倒くさいことをやっていれば、防げたことです。

面倒くさいことを後回しにすることで、もっと面倒くさいことが起こります。

面倒くさいことをする時間より、もっと大きな時間を奪うことになります。

そうならないために

「これをやらなかったら、この先どうなるのか?」

をよく考え、めんどくさいことを、今のうちに終わらせておきましょう。

夏休みの宿題で、そのことは十分学んでいるはずなのに、大人になってもそのことが活かされませんね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加