仕事の効率を上げるパーキンソンの法則の活用とは?

仕事の効率化もうすぐ夏休みですが、夏休みの宿題を、ギリギリまでやらずに、最後の日に焦ってやった記憶はありませんか?

パーキンソンの法則というのがあります。

「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」

というものです。

ある仕事を上司に頼まれ3日以内に仕上げればいいと上司にいわれたとします。

この仕事は1日で終わる仕事量の仕事でした。

実際、この仕事を終えるのにかかった時間はどれくらいでしょう?

実は、多くの人は3日かかってしまいます。

仕事にかかる時間は、仕事の量ではありません。

自分が、どれだけの時間で終えようかと決めた時間で、仕事にかかる時間は決まってきます。

冒頭にお話しました、夏休みの宿題も、ひとつの例と言えます。

夏休み最後の2,3日で宿題を終わらせなければ、と思うと、その2,3日で宿題を終えてしまうことができます。

私も、このタイプでした。

  • 2.3日で夏休みの宿題を終える

それを、夏休みのはじめにやっていれば、どれだけ夏休みが楽しかったことでしょう。

  • 時間があれば、もっといい仕事ができるのに

と思っている人は多いと思います。

しかし、それは、時間の量の問題ではありません。

  • たくさん時間が与えられればそれだけ時間がかかる

遅い仕事になってしまうだけでしょう。

スポンサーリンク

自分の脳力を最大限に引き出す方法

  • 仕事や作業や勉強に締め切りを作ること

が重要です。

自分で締め切りを作ります。

ストップウォッチやタイマーやスマホを使い、時間を計測します。

目標時間を決めたら、集中して一心不乱に、その仕事や作業を行います。

  • 時間を決める
  • 締め切りを作る

ことで、集中力が高まり、3日かかっていたものが、1日で、3時間で終えることができます。

もちろん、このブログも、ストップウォッチを使って計測しています。

この、タイマーを使うのを試してみるとわかると思います。

  • 今まで、意味のないことに時間を使っていたこと
  • 今まで、目の前のことに集中できていなかったこと
  • 仕事の質は、短い時間でもあげられること
  • 仕事に無駄な質のこだわりを持っていたこと

この、タイマー1個で、人間の能力を引き出すことができます。

それを知っているか、知らないかで、人生の中でできることは、他の人の何倍も増えることでしょう。

人間の能力なんて、そんなに変わるものではありません。

その能力を引き出すか、眠ったままにしておくか、だけだと思います。

人間の脳をフル活用して人生を変えていくにはこちらがおすすめですよ。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

大富豪の仕事術とは?

生産的な活動をするための時間術とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加