神田昌典さんの本 稼ぐ言葉の法則―「新・PASONAの法則」と売れる公式41

神田昌典さんの本が2月13日に販売されます。

神田昌典さんの本 稼ぐ言葉の法則―「新・PASONAの法則」と売れる公式41神田昌典さんといえば、

  • PASONAの法則

です。

  1. 問題提起
  2. 問題をあおる
  3. 解決策の提示
  4. 緊急性を持たせる期間や数の限定
  5. 行動を呼びかける

これらの英語の頭文字を取ってPASONAの法則といいます。

他にも有名なものとして

  • AIDAの法則
  • QUESTの法則

などがあります。

これらは、コピーライティングの型として覚えておく必要があります。

私も、何かを売る文章を書く時には、これらを参考にさせていただき、書いています。

スポンサーリンク

新・PASONAの法則

今回の本は、PASONAの法則がバージョンアップして、新PASONAの法則として書籍化されています。

◆【神田昌典からのメッセージ】◆
多くの人は「どのように(HOW)言うか?」に注目するが、これは間違い。
重要なのは「何(WHAT)を、どの順番(WHEN)で言うか?」だ。
PART1では、質問に答えるだけで、何(WHAT)を見出せるようになる
「稼ぐ言葉を掘り当てる5つの質問」を、
PART2では、見出したWHATを、どの順番(WHEN)を説明するかの
「新・PASONAの法則」を紹介した。
この「5つの質問」と「新・PASONAの法則」は、売る力を身につけるうえでは、
これ以上、シンプルかつ強力なものはないと自信を持って言えるほどの知恵だ。

特に「PASONAの法則」はマーケッターの間ではよく知られている法則で、
私が17年ほど前に開発したものだが、今まで書籍化を拒んできた。
なぜなら、あまりにも効果的かつ即効性があるために、悪用されかねなかったからである。
今回、ようやく誤解されることなく説明できる自信がついたので、
時代の変化を踏まえて改善し、「新・PASONAの法則」として初公開する。

PART3の【貧す人】vs【稼ぐ人】売れる公式41もシンプルかつ強力だ。
表面的には41の法則を集めただけに思われるかもしれないが、
背景には私の20年で数万人のコンサルティング経験を凝縮した理論体系があり、
稼ぐビジネスをつくりあげるうえで、本当に必要な法則だけを漏れなくダブりなく抜き出した。
ひとつでも使ってみると、たちまち現実に違いが生じ始めるはずだ。

【売れる公式41の一例】
★公式03【ビジネス断捨離の法則】 ★公式04【2つの山の法則】 ★公式06【100万人動員の法則】 ★公式07【ピロークエスチョンの法則】
★公式13【6人の法則】 ★公式16【大縄跳びの法則】 ★公式17【文章=感情伝達の法則】 ★公式19【すべり台の法則】
★公式21【傷ついたヒーラーの法則】 ★公式23【想定外ライバルの法則】 ★公式27【圧倒的な証拠の法則】 ★公式31【アップサーブの法則】
★公式32【カスタマーサクセスの法則】 ★公式33【戦略3分の1の法則】 ★公式36【断固拒否の法則】 ★公式38【表裏一体の法則】

Amazon 稼ぐ言葉の法則――「新・PASONAの法則」と売れる公式41より引用

もちろん、私も予約注文をしております。

届くのが楽しみです。

文章の書き方には、さまざまな法則があります。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

大富豪の仕事術とは?

生産的な活動をするための時間術とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加