努力や悩み、責任が大きい方が得るものも大きくなる!やった組とやらなかった組の違い

世の中は

  • やった組
  • やらなかった組

の違いだけです。

「社長って給料が高くていいなあ」

「お笑い芸人って、バカなことやって、お金がもらえるからいいなあ」

「プロ野球選手って、ヒット1本で数十万円や数百万円もらえるからいいなあ」

と思ってしまいます。

スポンサーリンク

そう思うならやればいい

確かにそこだけを切り取ってみれば、楽して稼いでいるように見えてしまいます。

そう思うのであれば、やればいいだけです。

やればそうなるまでの努力がわかります。

悩みがなさそうに見えて、悩みが大きいことがわかります。

もらえるお金の割に合わない、責任が大きいことがわかります。

やってみるとわかることです。

やればある程度のところまでは行く

やれば成長があり、自分の力である程度のレベルまで、よじ登っていくことができます。

なぜならやらない人がほとんどで、やっている人は少ないからです。

そこから飛び抜けていけるかどうかは、努力も当然必要ですが、運や才能も加わってくることになります。

しかし、そのある程度のレベルまでやらない人がほとんどです。

「5万円収入を増やしたいなあ」

と思えば0の状態からでも、ネットを使えば現実的にすぐにできることです。

でも

「5万円収入を増やしたいなあ」

と言いながら、やらない人がほとんどです。

やってもすぐに諦めたり、やらずに妬むだけの人もいます。

やらない人が多いから目立つ

結果を出している人とそうでない人の違いは、やったか、やらなかったか、の違いだけです。

そして、やらない人がほとんどです。

やる人が少ない分、やるだけで他の人より飛び抜けることができます。

やった組とやらなかった組

やった組は、

「たくさん努力がいります。」

「悩みも大きいです。」

「責任も大きいです。」

しかし、自分の理想とするものに近づくことができます。

やらなかった組は

「口だけ動かすので楽です。」

「悩みも少ないです。」

「責任も少ないです。」

しかし、現状は何も変わりません。

世の中は平等になっている

  • 努力や悩みや責任が大きいと、得るものも大きい
  • 努力や悩みや責任んが小さいと得るものも少ない

世の中は平等にできていますが、どちらを選ぶかで人生は大きく変わりますね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加