新しいことを始めるには準備は最小限にしよう!小さなことから始めるのが最高の準備になる

2017年になり、なにか新しいことを始めようとしている人も、多いのではないでしょうか?

何かをはじめる時に、しっかりと準備をする人がいます。

  • これをするには、この勉強をしていないといけない
  • あの失敗をするかもしれないから、ここを勉強しておこう

確かに準備は必要です。

スポンサーリンク

準備は必要最低限にしてはじめてみる

しかし、準備は必要最低限にしていないと、時間がかかりすぎて、新しいことを始められません。

しかも、実際に行動してみないと、本当に必要なものなんてわかりません。

やる前に準備にするのは、無駄なことが多いということです。

問題が起きて勉強するほうが無駄がない

私がホームページを作るのに、いろいろ本を読んで勉強しましたが、実際にやってみると、意外とかんたんです。

勉強したことは、全く必要なかったり、ホームページ作成ソフトがやってくれたりするのも、多くありました。

また、勉強したこと以外で必要なことも多く、その都度勉強したほうが、問題点も明確になっているため、よく理解することができました。

小さなことをすぐはじめる

とりあえず、1つだけやってみることです。

小さなことでいいので、はじめてみると、勢いがついてドンドンやりたくなります。

ブログを始めてみたいなら、とりあえずライブドアやアメブロに、ブログ開設の登録をしてみることです。

10分もかからないことです。

開設してみると、今度は、何か書きたくなってきます。

人は中途半端な状態を嫌いますので、自然と書いてしまいたくなります。

そしたら、とりあえず日記でも書いてみることです。

書いていると、

  • 題名の付け方はどうすればいいのか?
  • 人が見たくなるような題名はどんなものがあるのか?
  • 題名は何文字くらいがいいのか?
  • 写真を投稿するにはどうすればいいのか?
  • スマホできれいな写真を撮るにはどうすればいいのか?
  • スマホの写真をパソコンに取り込むにはどうすればいいのか?

など、次から次へと問題点がでてきます。

やってみることが最高の準備になる

それについて勉強することで、必要最低限の勉強で、新しことをできるようになります。

それを先回りして、はじめる前から勉強していると、時間が掛かかりますし、問題が明確になっていないので理解できません。

まずは準備は最小限にして、小さなことでいいから実際にやってみることが、最高の準備になりますね。


松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加