貯金が精神安定剤になっていませんか?お金を作り出す無形の財産を作ろう!

貯金が精神安定剤になっていませんか?お金を作り出す無形の財産を作ろう!

貯金が心の安定剤になっている人は、お金を増やすことが難しいです。

貯金があることによって、不安を消そうとする人がいます。

節約して、節約して、1円でも多く貯金が増えるのが楽しみです。

確かにある程度の貯金があると、病気をした時や、急な出費のときには助かります。

しかし、貯金がないことや、貯金が減ることを恐れてしまう人がいます。

ある程度貯金があれば、貯金は減っても困りません。

スポンサーリンク

お金を増やすにはお金を使う必要がある

貯金していても、使わなければ、それはただの数字と紙切れで、なんの役にも立ちません。

お金に執着すると、お金を増やすことができません。

なぜなら、お金を増やすには

  • 何かに挑戦すること
  • 自分に投資すること
  • 人間関係に投資すること

が必要不可欠で、それには、お金を使う必要があるからです。

貯金が精神安定剤になってしまう

ちょっとずつ貯金通帳に数字が増えていくのは、精神安定剤になるかもしれません。

しかし、精神安定剤に頼りすぎると、そこから抜け出せなくなります。

貯金が精神安定剤になってしまうと、貯金がなくなったときや、貯金が減ることに精神を乱されてしまいます。

お金が使えなくなてしまうということです。

貯金を取り崩して

  • 何かに挑戦すること
  • 自分に投資すること
  • 人間関係に投資すること

にお金を使います。

お金を作り出す力が財産となる

お金を生み出す行動を取れるようになり、それが身につくと、それは無形の財産となります。

貯金が減ろうが無くなろうが、いつでもお金が作り出せる力があれば、精神を乱されることがなくなるでしょう。

貯金は無くなったり、盗まれたりすることもあります。

しかし、無形の財産は、無くなることも、盗まれることもありません。

無形の財産は大きなお金を生み出してくれる

貯金をたくさんしていても、利息はわずかなお金です。

無形の財産をたくさん持っていれば、貯金の何万倍ものお金を、生み出してくれることになります。

無形の財産を作るには、短期的には貯金が少ない状態が続くかもしれません。

しかし、その先には貯金より大きなお金を生み出してくれる事になりますね。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加