本を読むことで人の接し方生活習慣や仕事に対する概念が変わる

読書で人生を作る人間性は様々なもので作られていきます。

親や、学校の先生、友達から影響を受けますし、様々な経験や映画、テレビなどからも影響を受けて、人間性が作られていきます。

そして、本も人によっては大きな影響を受けます。

私も、本から様々なことを学んで、自分の生き方や考え方に、大きないい影響を与えてくれています。

「食べることは忘れても、読むことは忘れるな」

という言葉がある通り、本は、人間を作る上で重要なものです。

ある方から、本からいい影響を受けて、

人の接し方、生活習慣や、仕事に対する概念が180度変わった

という素晴らしい経験談をいただきましたので、紹介いたします。

本の読み方なども参考になると思いますので、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

本を読み続けることで自分の見ていなかった世界が見える

年齢 20代

どのようなジャンルの本を読むことが多いですか?

マネーマネージメントに関する本を読みます。

現在はアルバイトをしながら、資産運用に関する取組を行ってます。 まだ始めた段階なので収入はサラリーマンの平均年収と同じ位です。

読書で学ぶ事。

だいたい月に20冊くらい本を購入します。

読書の時間帯は朝起きた時や夜寝る前仕事の休憩時に読書をします。

基本的に中学生位から、テレビを見なくなりました。

当初は小説や、物語などの本が好きで読んでいましたが、年を重ねるごとにマネーに関する本を読むようになりました。

暇つぶしで読んでいたものが今では時間があれば読むようになりました。

基本的には自宅で読んでいますが、お休みの時は外出をして、公園などで読むこともあります。

本を読み始めた頃は解からない言葉や字がとても多く1冊読むのにだいたい1週間位かかっていましたが、今では1冊2~3日で読んじゃいます。

始めは読むことに特に意識せず本を読んでいましたが、気付けば早く読めるようになっていました。

本を早く読めるようになるには先ず漢字や意味が解かる事が大切です。

意外と解からない言葉は今でも多いです。

後は自分にあっている本を読むといいです。

始めは馴染み深い小説から読みはじめ、慣れてきたら経済や文学の本を読まれると自然に頭に入ってきます。

そうして徐々にレベルアップして頂くと色々な本が早く読めるようになります。

内容も理解しやすくなるので自然と頭に入り、本の物語の中に入り込めます。

私は仕事の休憩時間が10分あれば本を読みます。

先の内容や知識が気になってしまい時間場所に囚われず読書をします。

実際に本を読んで学んだ知識によって、人の接し方、生活習慣や、仕事に対する概念が180度変わりました。

今ではやりたい事だけをする生活ができているので毎日がホントに楽しいです。

何よりも1日の時間がとても短く感じてしまい、寝る時間ですらもったいないと感じるようになりました。

本を読み続けたおかげで自分の見ていなかった世界が見えるようになりました。

視野が大きく広がりました。 私自身、本を読み続けなければ今の自分は無かったと思います。

毎日きつい仕事と家族のためだと思って残業を遅くまでやっていたと思います。

これからも本を読み続けたいと思います。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

読書におすすめの椅子はこちら

たったの60分で速読をマスターする方法

東京大学「天才脳の開発方法」とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?

無料レポート「毎月10冊以上の本を読んでいる読書家20人に聞いた効果的な本の読み方とは?」請求フォーム

登録するお名前は苗字やニックネームで結構です。

下記のフォームに記入して「請求する」ボタンをクリックしてください。

入力された個人情報は、有限会社千寿メールマガジンの 配信にのみに利用させていただきます。

それ以外の目的で使用することはございません。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加