大富豪が健康・お金・知恵・幸福を手に入れる具体的な方法

大富豪の読書術本の読み方は、人によって様々です。

どんな読み方でも自由ですが、やはり、

自分がどうなりたいか?

そうなっている人はどんな読書の仕方をしているのか?

というのは、非常に参考になります。

同じような行動をすれば、同じような結果を得られる可能性が高くなります。

では、どんな読書の仕方があるのでしょうか?

例えば、ある大富豪の方の読書の仕方です。

ステップ1)
すべてを読むのではなく
「使えるビッグアイデア(UBI)」を探す。

ステップ2)
UBIを見つけたら、
それを理解するのに役立つ箇所を選んで読む。

ステップ3)
読み終わってから72時間以内に、
見つけたUBIを3回実際に使ってみる。

私も、この読み方を参考にしています。

この読書の仕方は、ある大富豪の仕事術について書かれた本に出ていたものです。

その本には、読書の仕方だけでなく、成功する人がやっている

  • 健康
  • お金
  • 知恵
  • 幸福

を手に入れる具体的な行動も書かれています。

そのおすすめの本はこちら

ぜひ、読んでみてください。

スポンサーリンク

本を毎日読むことによって人との会話が濃厚になり、状況判断が早くなる

年齢  20代

どのようなジャンルの本を読むことが多いですか?

推理小説・ミステリー・実際にあった事件を描写にしている小説

現在の職業や年収やアピールポイント

コールセンター 年収300万程度 お客様がなぜそのような言動をとったのかを読み取ることができます。

タイトル

私にとって読書とは

私は20歳を過ぎてから読書をすることが増えました。

なんとなく書店に行き、映画化された原作を文庫で読む程度でした。

そこから自分の好きなジャンルがわかってきたので、インターネットで調べた上で今では購入しています。

読書方法は、初めこそ一冊読んだら次の本を読むというやり方でしたが今では部屋・トイレ・台所など生活面で必ず使用する箇所に本を置いています。

自分の気分で好きな本を読むよりか、そこにある本を読みます。

すぐに読みきれないもどかしさや、慣れないうちは展開が飛んでしまったり苦労しました。

しかし、この方法で読み進めていくうちに自分がどんな状況下でも本のストーリーを理解できるようになりました。

【さぁ!読書をするぞ!】

と意気込むと疲れてしまったり、気負いしてしまいますが、 生活の一部にただ置いてあるだけの本と意識すれば、簡単にあいた時間に読むことができます。

読みたくない時はそのまま置いておけば全く問題ありませんし、友人や恋人が家に遊びに来た機に会話のひとつになってくれるので悪いことなしです。

また、私は本を購入する前に必ずインターネットで【ネタバレ】を検索します。

例えば推理小説で、犯人が誰か先に結末が分かるとつまらないかもしれませんが、犯人が何故そのような行動をとったのかを予め予想出来ることで読み直しが減ります。

今までは一冊読んで、展開が理解できないものや何故?と思う文章があったときには改めてもう一度読んでいました。

でも、予め小説の展開を頭に入れておけばそこにピンポイントを当てて読むことができるため、二度手間になりません。

私は本を定期的に毎日読むことによって、以前より人との会話が濃厚になり、状況判断が早くなりました。

現在コールセンターにて正社員をしていますが、お客様から電話がかかってきて意見をきく際に自然と丁寧な言葉遣いが出来たり お客様が最終的に何を求めているのかを考えることがやりがいだと思っています。

本を読んでなければ、知らなかった言葉や意識しなくても出る咄嗟の瞬間能力が読書をすることによって身につきました。

私は読書をすることをこれからも続けていきたいです。

松下一生の無料メールマガジンの登録はこちら

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料!

読書におすすめの椅子はこちら

たったの60分で速読をマスターする方法

東京大学「天才脳の開発方法」とは?

マインドマップ資格試験勉強法とは?

無料レポート「毎月10冊以上の本を読んでいる読書家20人に聞いた効果的な本の読み方とは?」請求フォーム

登録するお名前は苗字やニックネームで結構です。

下記のフォームに記入して「請求する」ボタンをクリックしてください。

入力された個人情報は、有限会社千寿メールマガジンの 配信にのみに利用させていただきます。

それ以外の目的で使用することはございません。

松下一生の整体の施術を受けたい方はこちら

おすすめ教材

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

7年間で13回の日本一を達成した目標達成メソッド

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加